永和印刷のブログ e-blog

eiwap.exblog.jp ブログトップ

タグ:クリアーPP ( 3 ) タグの人気記事

カレンダーのスヽメ (すすめ)

天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず

福沢諭吉の『學問ノスヽメ』の冒頭の一節ですが,
どんなに忙しい人でも,それほど忙しくない人でも平等なのが「暦」です。

・・・国家によって祝日は異なりますし,職場・学校によって休日も異なりますが,
「西向く侍(にしむくさむらい)」は万国共通(だと思います)。

ん,西向く侍ってなんのこと?

「西向く侍→ニシムクサムライ→246911」で,暦上31日でない月をあらわします。

2月の月末は28日(うるう年は29日),4,6,9,11月の月末は30日で,
それ以外の月の月末は31日となります。

…ちょっと待って,11月はなんで侍なの?

私も先輩営業の教わったのですが,侍が刀を持っているところを見立てて11という数字をみたてたゴロあわせだそうです

※その後調べたところ,諸説あるようです。
  侍が持っている刀が2本(本差と脇差)という説,11を漢字にすると十一で縦書きにすると「士=武士」という説

 現在は永和印刷を卒業しているT橋部長に確認しても,
 「K材くん,大事なのはソコじゃない。そんなことはどーでもいいんだよ。頭わりぃなぁ~」と言われると思うので,
 私が同様の質問を後輩からされた場合も,そーいうことにしておきます。

というわけで,永和印刷では「学問」ではなく,「カレンダー」をスヽメ(勧め)ます。


というご案内をホームページに貼ってありますので,ダウンロードしてご覧ください。

d0137902_12560554.jpg
ん,どこよ??

真ん中のあたりなのですが,HP担当のH山が近いうちにもう少しわかりやすくしてくれるはず。

下記からもリンクしておきます。
d0137902_13043082.png

詳細については,こちらをご覧いただきたいのですが,
既製品に刷りこむのとは違った,オリジナルの意味合いに必要性を感じてください。

完成見本として,毎年作っていただいたいる日本ツバキ協会様のカレンダーをご紹介します。
こちらは今年のカレンダーですが,来年のカレンダーも現在制作中です。
d0137902_14213753.png
こちらはB5の中トジタイプで,開くとB4サイズになり,
吊り下げられるタイプになっています。
左側にはその季節のツバキの栽培ポイントや見ごろの椿を紹介し,
下部に協会のロゴを掲載しています。


上記をクリックしていただき,下記のサイトで他の写真などもご覧いただけます。
d0137902_13100799.jpg
どんなオリジナルカレンダーを作るかはご予算やアピールする内容によって,
さまざまな形式を選ぶことが可能です。
ホームページでご紹介しているものは,独自性とコストパフォーマンスに優れているものですが,
せっかく作るのですから,自分自身でこだわって作っていただくのが理想でしょう。

ご興味を持っていただいた方は,まずは永和印刷営業部まで,お気軽にご相談ください。






関連記事 こちらもぜひご覧ください。

Prog関連記事はこちら
クリスマスや来年のことを考える時期になりましたね,カレンダー配布中
Dr. Hagiコーナー
Dr.Hagiクリニック3 モアレとその対処法
Dr.Hagiクリニック2 Macの拡張子について  新キャラ 刷リカラス登場
Dr.Hagiクリニック1 web用データと印刷用データについて
印刷のいろは
印刷のいろは1 インキ
印刷のいろは2 紙の寸法と流れ目
印刷のいろは3 CTP
印刷のいろは4 DDCP(デジタルプルーフ)
印刷のいろは5 印刷の基本  ←オフセット印刷の仕組みはこちらから
印刷のいろは6 面付
印刷のいろは7 製本
印刷のいろは8 トンボ
印刷のいろは9 表面加工の種類と特徴
印刷のいろは10 記号・異体字
印刷のいろは11 色校正
印刷のいろは12 画像解像度その1
印刷のいろは13 画像解像度その2 Dr.Hagi登場
印刷のいろは14 画像データのファイル形式
印刷のいろは15 カラーチップ、カラーガイド
番外編 版ズレって?? 仕事人として,父として…もっと伝えます!! その3

過去の記事を読むなら…下からご覧いただくのがオススメです。

印刷のご相談は,永和印刷へ!!

http://www.eiwa-p.com
  ↑お問い合わせはこちらのホームページからお願いいたします。

[PR]
by eiwa-p | 2016-09-16 13:11 | 営業部・発 | Comments(0)

PP加工って、実は環境にやさしいんです!!  ゴミの収集ルールも変わりましたよね

10数年前には、ダイオキシンによる汚染が問題になりましたが、覚えていますか?
焚き木や小さな焼却炉などで物を燃やすと特に発生しやすいと言われ、
黒や青のゴミ袋は姿を消し、現在の半透明のものが主流になり、
(幼稚園や小学生の学芸会などではいまだに重宝されていますね)

当時はどんなものを燃やしてもダイオキシンが発生すると騒がれましたが、
当時私の住んでいた共同住宅では、紙類は焼却炉で燃やしておりましたが、
環境によくないということで廃炉(?)になった思い出があります。
ダイオキシン類は塩素を含む物質が不完全燃焼したときに発生する物質で、
その発生量は、燃やした物質に含まれる塩素濃度が0.1~50%程度の場合は
濃度にはほとんど関係なく、燃焼条件で決定されるそうです。

お父さんの朝一番の仕事として、出勤前のゴミ捨てがありますが、
最近ではゴミを減らす目的から、資源ごみの分別・リサイクルが強化される一方で、
以前よりも燃やしてよいゴミの範囲は拡大しています。

生ゴミや衣類、廃油どころか、
プラッスチックや革製品・ゴム製品は燃やすゴミになっています(墨田区の例↓)
d0137902_2053397.jpg

      墨田区のウェブサイト 資源物とごみの分別方法 より

印刷業界でも、特にPP加工が問題視された時期があり、
未だに誤解されています。

PPとはポリプロピレンのことで、燃やしても有毒ガスは発生せず、通常の燃やすゴミとして扱えます。
また、加工業者の団体では、
はがしたフィルムを燃料に、紙は古紙として再生するなど、リサイクルにも力を入れています。
PP加工は、書籍・雑誌にとっては、保護・耐久性の向上と、光沢・艶消しの高級感を出すメリットがあります。
もちろんご予算も考慮する必要がありますが、少なくとも環境面についてはご安心ください。

具体的な加工方法については、いずれまた取り上げます。

関連記事
[PR]
by eiwa-p | 2014-05-07 19:59 | 営業部・発 | Comments(0)

PP加工・プレスコートの工場見学 ―クリアーPP、マットPPってどのように加工しているの?

クリアーPP、マットPPといえば・・・

特に書籍・雑誌の装丁には、表面の保護・耐久性の上でも、
光沢や艶消し効果で高級感を出す上でも欠かせない加工です。

そもそもPP加工とは、
PP(ポリプロピレン)フィルムに接着剤を塗布して紙とフィルムを圧着して貼り合わせることで、
ラミネート加工の一種です。
ただし、いわゆるラミネーターでおこなう「パウチ加工」と区別するために、
ラミネート加工という抽象的な表現を使わず、PP加工と呼ぶのが一般的です。

PP加工と同様に、PET加工というのも聞いたことがあるかもしれませんが、
PETとは、ポリエチレンテレフタレートのことで、その名のとおりペットボトルに使用する素材です。
PPよりも、強靭で弾力のある加工(下敷きやパッケージなど)に使用されています。

と、うんちくを語ることはできます。
また、加工の際の注意点も熟知しているつもり(?)です。
ですが・・・実際にどのような作業工程でPP加工が行われているのか
印刷営業暦17年ですが、恥ずかしながら目にしたことがありませんでした。

というわけで、新人研修のついでに、他の営業や社内の若いDTPオペレーターにも声をかけて、
取引先のYS社さんに、工場見学をしてきました。

d0137902_204261.jpg


上の写真にあるように、
上方より接着剤が塗布されたPPフィルムがローラーに入っていき、
手前側から送られてくる印刷物に熱圧着して貼りあわせていきます。
フィルム自体はロール状になっているので、下にシートの印刷物が貼りついた状態のまま、
連続した形で送られていき、最後にクワエ部分に切れ込みを入れることで、
元のシート状態に戻される。
ざっとそんな流れです。

ううむ・・・こんな説明でわかっていただけたでしょうか。ちょっとわかりにくいですね。 (;´▽`A``

図にすると、こーゆーことです。
d0137902_20532365.jpg


わかっていただけましたでしょうか?

PPフィルムの厚さや種類を交換することで、仕上がり具合が変わってきます。

ちなみに、工場内は熱で圧着しているため、
空調設備があっても暑く、暑がりの私にはたいへん厳しい環境です。
真夏は、40℃以上になることもあり、印刷現場とは正反対です。
印刷屋でよかったです・・・ (^▽^;)

PP加工の特長や種類についても、たくさん学んできましたのですが、
長くなってしまいますので、後日またご紹介いたします。

私も含め、営業・DTPもたいへん勉強になったようで、YS社さんに大感謝です。

関連記事
印刷のいろは9 表面加工の種類と特徴   NEW!!
 ―ゴミの収集ルールも変わりましたよね


印刷のご相談は,永和印刷へ!!

http://www.eiwa-p.com
  ↑お問い合わせはこちらのホームページからお願いいたします。

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ
[PR]
by eiwa-p | 2014-05-02 20:15 | 営業部・発 | Comments(2)
line

永和印刷のブログ_もっと伝えたい!


by 永和印刷
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31