人気ブログランキング |

永和印刷のブログ e-blog

eiwap.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

中綴じ製本の工程を動画で紹介します!!

の参考資料として、中綴じ製本の工程を紹介する動画を作成しました。
関連記事
印刷のいろは7 製本
中綴じ製本とは、パンフレットや雑誌でよくみられる、中心部を針金で綴じる製本方法です。
下図の書籍などに用いられるあじろ綴じ、無線綴じと並んでごく一般的な製本方法です。

d0137902_22270022.jpg


まず印刷物を断裁し、折ごと(ページ数は4頁、8頁、16頁)に折り機で折っていき、
その後製本機で丁合をとり、くるむ作業をして、仕上がりサイズに断裁する工程は、
あじろでも、無線でも、中綴じでも共通です。

折り機 (写真)
d0137902_22421542.jpg

中綴じがあじろ綴じや無線綴じと異なるのは、中央を針金で綴じる性質上、面付が異なるという点と、
糊(ホットメルト)を浸透させるためのあじろと呼ばれるスリットや無線のミーリング作業が必要ないことです。

関連記事
印刷のいろは6 面付
並製本の工程を動画でご覧ください061.gif

では、実際に動画061.gif をご覧ください。



協力 社団法人日本ツバキ協会
   塩原製本


なお、今回のサンプル制作にご協力いただいた社団法人日本ツバキ協会様では
毎年恒例のカレンダーを発売しております。
詳細は下記サイトをご覧ください。

Amazonからも購入可能です。
d0137902_09010928.jpg
Amazon 日本ツバキ協会カレンダー  (←クリックするとAmazonのサイトをご覧いただけます)

また、日本ツバキ協会では新規会員も募集しております。
椿を愛する方はご入会をご検討してみてはいかがでしょうか?

日本ツバキ協会ホームページ (←クリックすると日本ツバキ協会のサイトをご覧いただけます)

会報として、今回製本サンプルでご紹介した「ジャパンカメリア」を年2回、
会誌として、「椿」を年1回発行しております。



永和印刷では、動画だけではなく、
お客様ご自身の目で、耳で、印刷物がどのように制作させているのかを
感じ取っていただくために、工場見学ツアーを実施しております。
参加者を募集しています!!
ご希望の方は担当営業にぜひご連絡ください。
(→Prog vol. 22 永和印刷へ行こう ただいま,見学ツアー参加申込み受付中

求人情報
066.gif やる気とガッツあふれる営業募集中!!
キュリア転職 永和印刷のページ  (←クリック)

印刷のご相談は,永和印刷へ!!

http://www.eiwa-p.com
  ↑お問い合わせはこちらのホームページからお願いいたします。

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ

by eiwa-p | 2014-10-29 22:47 | 営業部・発

Prog vol. 22 永和印刷へ行こう ただいま,見学ツアー参加申込み受付中

Prog vol. 22はお手元に届いておりますでしょうか??
まだ届いていない方は申し訳ございません。
ホームページにも近日アップいたしますが、直接お届けいたします。
希望される方は担当営業までお声掛けください。

今回のテーマはズバリ「永和印刷に行こう」

工場見学ツアーをご案内させていただいております。

永和印刷は東京都文京区内の工場で営業、編集、DTP、印刷がいっしょに仕事をしていますので、
お客様からいただいた原稿がどのように原稿整理され、デザイン・組版され、
そして印刷されて、本や雑誌、パンフレットとして完成していくかという工程を一度にご覧いただけます。

d0137902_19104434.jpg
Progをみただけでは具体的なツアー内容(見学内容)がわからず、
申し込もうかどうかか迷っている方もいらっしゃるかもしれませんので、
今回はご案内のポイントをご紹介いたします。

編集部
 ①原稿整理・・・・・・・企画がいっぱいあるのに、整理する手がたりないと思っている方、必見です!!
 ②校正ソフトの活用・・・誤字脱字、用字用語や表記ゆれの検出します。スグレモノです!!
 ③社内校正フロー・・・・完成度の高いゲラをご提供するためにこだわっています。ここまでやってます!!

DTP
 ④デザイン・組版・・・ 実際に制作したもの、ご提案したものをご紹介します。制作工程もご覧いただけます。
             大好評です!!
 ⑤画像補正・・・・・・ 専用ソフトでRGBの画像を劣化させずにCMYKに変換する作業をご紹介します。
             きっと感激します!!
 ⑥面付・RIP処理・・・・責了後のデータをどのように面付するのか、ご覧になっている方は意外と少ないです。
             へぇ~となるのでは!?
 ⑦まとめ校正出力・・・ 面付データをもとに、プルーフ・白焼を出力します。検版ソフトについても紹介します。

CTP
 ⑧CTP出力・・・・・・ 動画でご覧いただきます(当ブログと同内容)
               ⇒CTPの出力工程を紹介いたします 動画!!061.gif
             実際に出力した版で分版・分色の様子もご覧いただけます。
             なぜ4色でカラーが表現できるのかを実感してください!!

印刷
 ⑨菊全4色機の印刷・・・オフセット印刷の仕組み・印刷の工程をわかりやすくご案内いたします。
             印刷現場を目と耳で感じてください!!
 ⑩四六全2色両面機の印刷
   ・・・・・・・・・・ 両面印刷の仕組みをご案内いたします。
             四六全2色両面印刷を動画で紹介いたします 動画!!061.gif
             特色インキの作り方の動画もご覧ください(当ブログと同内容)
             特色インキの作り方を動画で公開します 動画!!061.gif
製本
 参考・・・・・・・・・ 中綴じ製本

             中綴じ製本の工程を動画で紹介します! 動画!!061.gif



上記の内容をすべてご覧いただくことも、選択していただきご覧いただくことも可能です。
所要時間もご都合にあわせますのでお気軽にご相談ください。

社員一同、皆様のご来社を心よりお待ちしております。
ぜひお申込みください。
メールでお申込みの場合はこちらから ⇒ mail@eiwa-p.com


求人情報
066.gif やる気とガッツあふれる営業募集中!!
キュリア転職 永和印刷のページ  (←クリック)

印刷のご相談は,永和印刷へ!!

http://www.eiwa-p.com
  ↑お問い合わせはこちらのホームページからお願いいたします。

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ
by eiwa-p | 2014-10-25 20:10 | 営業部・発

応援します! お手伝いします! 

運動会シーズンのこの時期,
2週連続の台風で学校および保護者の方はいろいろたいへんでしたでしょうね。

この土日はまさに秋晴れというか,暑いくらいで運動会日和でした。
娘の小学校の運動会は土曜日でしたが,ずっと観ていたら日に焼けて顔が真っ赤でした。
顔が赤く,息がきれていたので「風邪ですか」と聞かれましたが,
赤いのは日焼け,息がきれていたのは2台の営業車が出払っていて,
3号車=自転車で本郷の坂をのぼったせいです。
しかも,ちょっとしたら汗がトワーッ……

運動会に話を戻すと,わが家は5年生と2年生の娘2人,
しかもおねえちゃんは応援団もやるということで,
心配性な両親(私と妻)は校庭内をぐるぐると移動しながら,
完全別行動で子どもたちを見守りました。
(横で「アレッ,いたの?」とおたがいの存在は関心ないようで……)

それにしても,私が長女くらいの年齢のとき(30年前)と,変わらぬ光景もあれば,様変わりした光景もありますね。
フォークダンスとか,学校音頭(江東区のみ??)は絶滅し,
エイサーとか南中ソーランとか,ダンスのレベル,気合い,テンションは大違いです。
一方で玉入れや綱引き,徒競走,リレーなどは昔ながら(ケガには注意している感じです)で,
自分自身がやる以上に手に汗を握りますし,賛否両論あるでしょうが組体操には感激します。

そうそう,次女のダンスもすばらしかったです。
あまりにすばらしいので,
親バカといわれようが,会社のブログを私物化しているといわれようが,
かまわず紹介しちゃいます!!
d0137902_08320525.jpg
写真中央,見事な開脚ジャンプです。
正面でみていた長女が指摘していましたが,ジャンプのときに口もあけるのがポイントです。
ちなみに,ダンスの様子をビデオを撮りながら,iPadでこの写真を撮影する私のテクもすばらしい(自画自賛)!!
長女は応援団の練習で毎朝,体操着で早出特訓をがんばっていて,成果を発揮し,赤組を勝利に導きました。


応援といえば,永和印刷のテーマの一つに「編集の方のお手伝いと負担軽減」があります。

医療系書籍の原稿整理やデザインからお引き受けすることで,
忙しい編集者の方の負担を軽減させ,かつクオリティの高い本作りのお手伝いをさせていただきます。
赤字のチェックとか,わずらわしい指定などの手間をお引き受けすることで,
先生方との企画・打ち合わせのほうに力を入れられるように応援させていただきます。
関連Prog紹介
 イラスト組版デザイン Prog vol. 21
 原稿整理        Prog vol. 18
お客様に対しても,応援・お手伝いに励むとともに,
社内でも応援・お手伝いに励んでいるつもりですが,こちらも難しいですね。
私の肩書は営業部長兼宴会部長(?)ですが,
宴会部長はアルコール068.gifが入れば突っ走るのみなのですが……
営業部長として,父としての悩みは「褒め上手」「怒り上手」になれないことです。
感情表現がうまくないんですよね。

運動会でがんばった子どもたちが帰宅したら褒めてあげようと,2人の娘にそれぞれ声をかけましたが,
我ながら素っ気なく,娘にもちっとも響かなかったことでしょう。
その点,嫁のハンパない怒りっぷりと,褒めるときの猫かわいがりっぷりは感情そのものでたいしたものです。

仕事でも同様で,営業のH山・T橋を叱咤激励しなくてはならないのですが,
どうやら叱咤ははげしく,激励はうす~いようです。自覚ないんですが。
DTP,印刷現場に対しても,お客様の声をリアルに伝えたいと,
懇切丁寧に取り組んでいるつもりなのですが,同様の傾向があるようです。
先日,話の流れで「お客様はもちろんだけど,社内にも気を遣って私はやさしいなぁ」とH山に話したら,
「ちっともわかっていないですよ!! 社内でアンケートとってみましょうか!? 本気でとりますよ!!」
と,あたかも「やさしくない」どころか,「鬼」のような言われようをされてしまいました。
「ホトケのK材ちゃん」と言われていると思ったのに,ショックです。
仕事に関しては妥協のない「仕事の鬼」ということですよね,うん。たぶん……

というわけで,
永和印刷はこれからも

「もっと伝えます!!」
「応援します!」
「お手伝いします!」

ので,よろしくお願いいたします。


求人情報
066.gif やる気とガッツあふれる営業募集中!!
キュリア転職 永和印刷のページ  (←クリック)

印刷のご相談は,永和印刷へ!!

http://www.eiwa-p.com
  ↑お問い合わせはこちらのホームページからお願いいたします。

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ
by eiwa-p | 2014-10-21 13:00 | 営業部・発

ノーベル物理学賞受賞おめでとうございます!! 光の三原色、採り上げるなら「今でしょ!!」


「今でしょ!!」(古い??)とかいっておきながら、
採り上げるのが遅いぞとツッコまれてしまうかもしれませんが……
青色発光ダイオード(LED)を開発した赤崎勇氏、天野浩、中村修二氏の日本人3名が
2014年度のノーベル物理学賞の受賞が決まりました。
青色LEDの開発により光の三原色(赤・緑・青)が揃い表現できる色が飛躍的に増えたことは
ニュースなどで報道されているとおりです。

でも、光の三原色といっても実感がわかない方や、色の三原色と混同される方もいらっしゃると思います。
そこで今回は「光の三原色」「色の三原色」について採り上げてみたいと思います。

光の三原色」とは……
画像や印刷にかかわる方は「RGB」というのを耳にされると思います。
RGBとは、赤(Red)緑(Green)青(Blue)の異なる3つの色の光のことで、
この割合を変えて混合することでさまざまな色を表現することができます。
「光」なので、重ねるほど明るくなり、になっていきます(加法混合)。
パソコンのモニターやテレビの画面をイメージするとわかりやすいと思います。


色の三原色」とは……
「RGB」を耳にするときに、「CMYK」というのも耳にされると思います。
CMYKとは、シアン(C)マゼンタ(M)イエロー(Y)ブラック(BK)のことで、
印刷機やプリンターなどではこの割合を変えてさまざまな色を表現しています。
「色」のついたインキを重ねるので、重ねるほど暗くなり、になっていきます(減法混合)。
パレットで絵の具を混ぜていくとだんだん黒っぽくなるイメージが近いと思います。
黒をCMYで表現できるのであれば3色でいいのでは……というツッコミはご容赦ください。
細い明朝体などをCMYのベタの掛け合わせで表現するなんて、ゾッとします。
というのは、半分本気・半分冗談で、黒をしっかり出すためにはやはりスミのインキが必要で、
逆に黒の深みをより表現するには、リッチブラックという手もあります。
関連記事 リッチブラックってどんな色?
と、文字で説明しても伝わりにくいと思いますので、下の図をご覧ください。

d0137902_22024411.gif
d0137902_22024456.gif
















左が光の三原色右が色の三原色です。
背景は黒白逆になっているのはベースの状態(スタート段階)と考えてください。
光の三原色であれば、電源の入っていないモニター、
色の三原色であれば、まっさらな白紙ということですね。
この違いがポイントです。
RGB、CMYの交錯している部分の色はそれぞれCMY、RGBにみえるのですが、
実は「光」と「色」で表現される色が異なっているのです。
光では、赤と緑が混ざると黄~白になるのに対し、
色では、赤と緑が混ざると茶~黒になります。

RGBでは鮮明な画像なのに、印刷用に変換すると暗くしずんでみえてしまうのはそのためです。

ちなみに、永和印刷では画像補整の専用ソフトを使用し、
参考 Prog vol.9 デジタル画像の取り扱い
そのような変化が極力少なくなるように工夫しています。
(とはいえ、「画面どおり」というのは原理上不可能なのですが……)

よくあるトラブル事例としては、Prog.22のDr.Hagiのコーナーでもふれていますが、
PDFはRGBである場合も多く、そのままCMYKに変換すると、
黒はスミ100%とならないといったように、望まない結果となってしまうことがあります。

また、彩度の高い色ほどCMYKの4色でのカラー印刷で表現するのは難しいため、
ライトグリーンとか、オレンジ系の色はどーしてもにごってしまいます。
単色で表現するのであれば特色インキを使用するという手がありますが……
関連記事 特色インキの作り方を動画で公開します 動画!!061.gif
「RGBをCMYKに変換するとにごる」というのは、印刷の大きな課題なんです。

CMYKにオレンジ・グリーン・バイオレットを追加した7色印刷
(家庭用プリンターでもありますよね)であったり、
通常のプロセスインキより広色域が表現できるカレイドインキ、
より精細な網点で表現するFMスクリーンなど、
実物や画面により近づけるためのさまざまな開発がなされてますが、
光の三原色を表現できる重ねていくと白(光)になっていくインキが開発されたら、
印刷関係者にとってはまさしくノーベル賞に値するはず!!
誰か作ってくれないですかね???

印刷のご相談は,永和印刷へ!!

http://www.eiwa-p.com
  ↑お問い合わせはこちらのホームページからお願いいたします。

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ
by eiwa-p | 2014-10-14 23:19 | 営業部・発

Dr.Hagiクリニック1 web用データと印刷用データについて

新コーナー開始です!!
d0137902_20594905.gif
といっても、Progをご覧の皆様ならご存知の
Dr. HagiのDIGITAL CLINICの再編集版のお届けですが…

はじめてご覧になる方、今後ともよろしくお願いいたします。
DTPに関することなら、Dr.Hagiにおまかせください(パチクリ)。


webで使っているロゴや写真などを
そのままオフセット印刷用のデータとして使用することは可能でしょうか?

Dr.Hagi
一 般にwebで 使われている画像(JPEG、GIF、PNG 等)のデータ形式は、
通信速度などを考慮して 72dpi の低解像度で使用されています。
これは1インチ(25.4mm)の長さを72個のピクセルで構成していることになります。
そのデータをインクジェットプリンターなどでプリントすると、
モニター画面上ではなめらかに見えていた画像でも
A4用紙の上ではギザギザに見えてしまうなんてことを経験された方もいらっしゃると思います。
オフセット印刷でもこれと全く同じことが起きてしまいます。

改善する手段はありますか?

Dr.Hagi
データそのものを350dpiにする手段はありません。
いったん低解像度にしてしまった画像は元に戻すことができないのです。
デジカメ等で撮ったデータをwebページ用に解像度を落とすときには、
あらかじめ高解像度の元データを別に保存しておくとこんなときの役に立ちます。

ロゴについても同じことですか?

Dr.Hagi
会社のロゴなどをweb用に低解像度のデータに変換する際には、
やはりその元データををEPS形式で一緒に保存しておきますと
印刷するときに便利に使うことができます。
低解像度のデータしか残っていない場合には、
小さく使うか、再トレースするしかありません。


こんな経験(↓)ありませんか?

 ああっ、ブログに写真をのせるために解像度を落としたら、そのまま上書き保存しちゃったぁぁ…
 プリントしてみんなに配らなきゃいけなかったのに…やっべぇ、嫁に怒られる007.gif

 説明しよう!! Dr. Hagiはものすご~い恐妻家であ~る。
 昼はペヤングソースヤキソバばかりたべていることも決してばらしてはならない「ここだけの話」であ~る。

ボクのことはどーでもよいとして、「もしも」のために、元データは必ず残しておきましょう。
でも、どれが必要でどれが不要か、整理と判断がたいへんですよね…

Dr. Hagiは皆さまからのDTPに関するあらゆる疑問にお答えします!
ボクの目をパチクリさせるご質問、お待ちしております。


「画像」に関する関連記事は↓こちら↓



関連記事 こちらもぜひご覧ください。
永和ちゃれんじ
Dr. Hagiコーナー
Dr.Hagiクリニック3 モアレとその対処法
Dr.Hagiクリニック2 Macの拡張子について  新キャラ 刷リカラス登場
Dr.Hagiクリニック1 web用データと印刷用データについて
印刷のいろは
印刷のいろは1 インキ
印刷のいろは2 紙の寸法と流れ目
印刷のいろは3 CTP
印刷のいろは4 DDCP(デジタルプルーフ)
印刷のいろは5 印刷の基本  ←オフセット印刷の仕組みはこちらから
印刷のいろは6 面付
印刷のいろは7 製本
印刷のいろは8 トンボ
印刷のいろは9 表面加工の種類と特徴
印刷のいろは10 記号・異体字
印刷のいろは11 色校正
印刷のいろは12 画像解像度その1
印刷のいろは13 画像解像度その2 Dr.Hagi登場
印刷のいろは14 画像データのファイル形式
印刷のいろは15 カラーチップ、カラーガイド
番外編 版ズレって?? 仕事人として,父として…もっと伝えます!! その3

過去の記事を読むなら…下からご覧いただくのがオススメです。

印刷のご相談は,永和印刷へ!!

http://www.eiwa-p.com
  ↑お問い合わせはこちらのホームページからお願いいたします。

by eiwa-p | 2014-10-11 17:43 | 営業部・発

Prog22が完成しました,担当者はこんな人……

Prog vol.22が完成しました。

現在,絶賛配布中です!!

申し訳ありません。タイミングがあわず,まだ,お届けできていない方もいらっしゃいます。
ネタバレになってしまうので,当ブログでの掲載はもうしばらくお待ちください。

と,もったいつけるのは,特集のデザインと内容にインパクトを感じてほしいからなのですが,
担当者はこんな人だったらおみせしても・・・
Progの限られたスペースではお伝えしきれない部分を
「もっと伝えます」

K材 完全版

近所に吾嬬の里という区の施設があり、9月23日秋分の日に男の料理教室に参加しました。
火曜日の昼間に開催しているようで、ふだんは参加できないのですが、
妻が申し込んで(う~ん、昔のアイドルみたいなイイワケ)というか、
飲んだときの勢いというか、パパ友と一緒に参加しました。

d0137902_22123272.jpg
自称週末料理長の私ですが、バーニャカウダやビシソワーズ、白身魚とナスとトマトの重ね焼きなど
完成形がわからないイタリアンに挑戦しました。
先生(写真中央)の用意してくれたレシピをもとに、テーブルごとに調理するチーム形式です。
必殺仕事人のオヤジ軍団は調理技術の未熟さを効率的な組織力で補い見事に完成させました。
実はソースを作り忘れ、他のテーブルの分をいただいたのですが・・・

d0137902_22075520.jpg
ちなみに、分担作業のため時間があればフライパンを洗ったりなどと仕事のように本気モード全開で
まわりをみる余裕もなく、知らぬ間に完成していたものもあり、個人で再現できるのかは疑問ですが、
完成後においしくいただきました。ワインがあればもっとよかったのですが・・・楽しみました!!
もちろん、その後に開催した反省会?は大盛況でした。

吾嬬の里のFacebookでもバッチリ紹介されています。


T橋のコメント、テーマは「祭り??」。

というわけで、祭りつながりで・・・

男の料理のあと、鐘ヶ淵の商店街でサンバカーニバルがあったのでこちらもみてきました。
今年は夏の神輿が担げず、ちょっと残念ですが、T橋のいうように、仕事での「お祭り騒ぎ」があるといいですね。
どーでもいいでしょうが、すでにワインのかわりにビールを補給済みです。
d0137902_22393498.jpg
道のど真ん中で写真撮影している人は私たちとは無関係。
「アイスクリーム・オン・ザ・ハゲ」・・・失礼、「オン・ザ・とーちゃん」
傑作の構図なのでついでに撮っておきました。
しばらくたってから、「つめてーぞ」ととーちゃんが怒っていたのは言うまでもありません。

と、脱線しまくりましたが、個々の実力と、組織力が重要なのは
みんなでの料理でも、お祭りでも、会社の仕事でも同じです。

永和印刷の編集、DTP、印刷、営業、
それぞれの個々の実力組織力、ぜひ実感してください。
お仕事の依頼、そして見学ツアーのお申し込みもお待ちしております。

↑コレ、しっかりアピールしておかないと「個人の日記じゃないか」と、社長に怒られちゃいます。
おっと、こっちの写真も公開しておかないと不公平だと怒られてしまう(?)。

H山のペットシリーズ第3弾。
Progでは写真が小さいため、こちらで大きい写真を公開いたします。

左の黄斑がミニッツで、右の黒がポチョムキンだそうです。
飼い主と違って夏場は無事に乗り切ったそうです。
文面に「体調を崩している私をあざ笑うように」を追加したら、
必要ないです031.gif」と削除されてしまいました。
ハイ、今後はマジで必要ないことを祈っています。

d0137902_22583659.jpg

Progのバックナンバーもご覧になれます
今すぐクリック!!  永和印刷の広報紙 Prog
        ⇒ 前号21号も掲載中

関連記事 こちらもぜひご覧ください。
Dr. Hagiコーナー
Dr.Hagiクリニック2 Macの拡張子について  新キャラ 刷リカラス登場
Dr.Hagiクリニック1 web用データと印刷用データについて
印刷のいろは
印刷のいろは1 インキ
印刷のいろは2 紙の寸法と流れ目
印刷のいろは3 CTP
印刷のいろは4 DDCP(デジタルプルーフ)
印刷のいろは5 印刷の基本  ←オフセット印刷の仕組みはこちらから
印刷のいろは6 面付
印刷のいろは7 製本
印刷のいろは8 トンボ
印刷のいろは9 表面加工の種類と特徴
印刷のいろは10 記号・異体字
印刷のいろは11 色校正
印刷のいろは12 画像解像度その1
印刷のいろは13 画像解像度その2 Dr.Hagi登場
印刷のいろは14 画像データのファイル形式
番外編 版ズレって?? 仕事人として,父として…もっと伝えます!! その3

過去の記事を読むなら…下からご覧いただくのがオススメです。

印刷のご相談は,永和印刷へ!!

http://www.eiwa-p.com
  ↑お問い合わせはこちらのホームページからお願いいたします。

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ


by eiwa-p | 2014-10-07 23:06 | 営業部・発
line

永和印刷のブログ_もっと伝えたい!


by 永和印刷
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31