永和印刷のブログ e-blog

eiwap.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

デジタル・アナログダブル検版実施中 ー確認しすぎるくらいがちょうどよい?

待ちに待った球春到来です。
桜の満開とともに、プロ野球も開幕を迎えました。


金・土曜日は仕事のためにテレビ観戦ができなかった私ですが、
ミスター長嶋さんや松井秀喜も登場するセレモニーみたさに、しっかり録画しておいたのですが、
日テレ、せっかくのイベントを盛り上げていないなぁぁぁ。
せっかく200人のレジェンドを集めたというのに、ミスター、金やん、松井しか映っていないし、
煽り映像とかもないじゃん・・・日テレの巨人愛はそんなものだったのか・・・

日テレがダメなら、自分で煽るしかない・・・
日曜日の昼から、今日がオレ様の開幕戦ということで、
ビールとおつまみセット、
回の合間や、残念な試合展開になったとき用の「木村雅彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」を準備して、
テレビの前で準備万端、心の中で「闘魂こめて」が大音響でかかりまくっていました。
地上波の放送も少ないため、日テレG+も契約しているので、30分以上早くから視聴し、
テンションあがりまくりです。

う~ん、これぞ昭和の下町オヤジの正しい休日の過し方。

(ホントはウチの父の時代は、昼は競馬で夜はナイターでしたが)

嫁は夕飯の支度をすませ仕事へ、子供たちは自分の部屋でゲーム三昧。
文句のないシチュエーション。
あとは巨人打線の爆発を待つばかり。

と、ハイペースでビールを飲み、さらにマッコリを飲み、合間に読書も楽しみ、
優雅に楽しく観戦していたのですが、
3回裏、巨人の先発投手・広島から移籍初登板の大竹投手の打ったライトフライで衝撃のシーンが・・・

打球を追ったセカンドの西岡選手と、ライトの福留選手が激しく激突!!
特に背後から衝撃を受けた西岡選手の身体は空中に浮き上がり後頭部から落下。
プロレスでは珍しくない光景ですが、もちろん衝突を事前に察知していない西岡選手は、
受身をとる間もなく、人工芝の下は硬いコンクリート。緊張が走ります。
テレビでみる西岡選手の目はうつろで、明らかに脳震盪になっていました。
その後、かすかに手が動いたものの、安易に動かしてはいけないというのは素人にもわかります。

野手の交錯といえば、巨人ファンには札幌での吉村と栄村の激突シーンが忘れられません。
当時、原(現・監督)よりも将来を嘱望された吉村ですが、このときの負傷が原因で、
その後の野球人生はゲカとの闘いでした。

後頭部を強打しているだけにトレーナーも様子を見守り、選手や球場内のファンも静観
(ときおり阪神・巨人の両スタンドより西岡コール)。
15分後にドクター(その前に球場内のドクターはかけつけています)、
20分後には東京ドームのグラウンド内に救急車がやってきて、全身を固定されて運ばれていきました。
救急車に乗せられる際に、ファンのために西岡が軽く左上をあげたのでちょっと安心しましたが、
スポーツにはそのような危険が常にありうるということを実感しました。

西岡選手も福留選手も声を出し合っていたのでしょうが、球場の大歓声にかき消されたのかもしれません。

診断結果は鼻骨折、左肩鎖関節脱臼、脳震盪、胸部打撲ということで、幸い意識もしっかりしているようですので、復帰して活躍する雄姿をみせてもらいたいですね。


確認が重要ということで、
永和印刷の検版方法について紹介いたします。

(西岡選手が確認不足ということではないので、誤解しないでくださいね)


永和印刷では、まとめの校正(デジコンやインクジェットプルーフ)の際に、
アナログとデジタルのダブル検版を実施しています。

まとめ校正で入った赤字については、お客様に確認していただいたり、DTPや営業が責任をもって確認しますが、
赤字の入っていない部分についても、再度1ビットデータに処理をしなおすケースもあるので、
リスクがないとは言い切れません。そのために、営業のアナログ検版のほかに、
DTPによってデジタル検版を実施しています
その仕組みは以下のとおりです↓

d0137902_23112826.jpg




 ↓ ホームページからProgのバックナンバーをご覧いただけます ↓ 


印刷のご相談は,永和印刷へ!!

http://www.eiwa-p.com
  ↑お問い合わせはこちらのホームページからお願いいたします。


マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ
[PR]
by eiwa-p | 2014-03-31 23:22 | 営業部・発 | Comments(0)

ユニバーサルデザインフォントの特徴 ー似て非なるもの

↓ 永和印刷ホームページからProgのバックナンバーをご覧いただけます
Prog 10 ユニバーサルデザインフォント使用例

長女は合唱団に入っています。
すみだ少年少女合唱団といって、墨田区(教育委員会主催事業)もバックアップしています。

 リンク・・・すみだ少年少女合唱団

小学校3年生から高校3年生までが団員で、現在約80人で構成されています。
3月16日には曳舟文化センターで定期演奏会が開催されましたが、
それ以外にも近隣の区の合唱団とのコラボイベントやら、CDのレコーディング、老人ホームの訪問など
実に積極的かつ本格的な活動をしています。
練習もハードで、毎週土日に午前10時から午後3時半くらいまで練習、
イベント前には延長してさらに遅くなることもしばしばです。
私が仕事が休みのときには車で送迎しているので、
練習がいつまでも終わらないと次女と車の中で携帯ゲームを取り合い時間をつぶしています。
まぁ、野球やサッカーなどの応援で真夏の炎天下で応援するとかよりましなのかもしれません・・・
娘2人だとそういうのにちょっぴりあこがれもありますが・・・、実際にはお父さん・お母さんもたいへんでしょうね。

当の本人はというと、「やりたい」とめずらしく自分の意思で入団し現在2年目ですが、
毎回とても疲れるけど、とても楽しいそうです。うんうん。
経済的なことをいうと、区の事業のため年間で12,000円と格安です。これもうれしい。
 (これを嫁が読むと、出しているのは私だけどと絶対言いますが、結局はいっしょでしょ・・・)
同級生と仲良くすることも大切ですが、中高生と身近に接する機会も貴重でいい経験になると思います。
(高校生で毎週土日続けている子たちはえらいなぁと感心します。この年代での10歳は大きいですよね。
小学生をうまく引っ張っていくことも要求されますし、学業や部活もでたいへんでしょうが、
立派に文武両道ができていそうです。こういう娘に育ってくれれば、親としても安心なのですがね)

いつものように前置きが長くなりましたが、
定期演奏会ではこれまでに練習してきた曲が演奏されました。
その中に「宇宙戦艦ヤマト」の特別編成曲がラインナップされていました。

先月、カラオケに娘2人といった際に、合唱で「ヤマト」を歌っているのを知っていたので、
それなら私も歌えるぞと、リクエストをしたのですが、
娘の感想は「私たちのとはぜんぜん違う」でした。

えっ、それは・・・ひょっとして・・・汗
ささきいさおと私の歌唱力の差のことを言っている?


確かに小学校2年生の通信簿に「元気に歌っているが音痴」と担任の先生に切り捨てられ、
親戚中の笑いものにされたために、音楽の道をあきらめました(もともと目指していませんが)。
もしそのときにあきらめていなければ(だから目指してないって)、
「深川のジャイアン」として下町に名を轟かせていたかもしれないので、
当時の担任の先生の正直な通告には感謝しています。

それにしても、そんなに違うかなぁ・・・と軽くショックを受けていたのですが、
本番の曲を聴いて納得しました。
あっちも確かに別物で、似て非なるものだったのです。
こんなふうに編曲されるのですねぇ。ストーリー仕立てですごかったです、長いし・・・
私とささきいさおが別物かどうかの結論はでていませんが、まぁいいでしょう

似て非なるもの・・・
印刷で思い浮かぶものといえば・・・
ゴシック体のアルファベットです。


数字の1、アルファベットの大文字のI、小文字のl(エル)、実にまぎらわしいです。
d0137902_2230274.jpg


Illustratorなんていきなり縦棒3本ですからね。III(時計数字)といっしょですよ!!

永和印刷ではそのような誤読をさけたいケースでは、
ユニバーサルデザインフォントを推奨しております。
 特徴は ↓ こんな感じです。

d0137902_22361141.jpg

以前、Prog 10でもご紹介しておりますので、フォント見本にご興味のある方はお声かけください。

 ↓ ホームページからProgのバックナンバーをご覧いただけます ↓ 
Prog 10

印刷のご相談は,永和印刷へ!!

http://www.eiwa-p.com
  ↑お問い合わせはこちらのホームページからお願いいたします。



マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ

[PR]
by eiwa-p | 2014-03-25 22:47 | 営業部・発 | Comments(0)

リッチブラックってどんな色? ーホワイトデーのほかにブラックデーがあるらしい?

ちょっと遅い話題になってしまいますが、3月14日のホワイトデー、みなさんはどうされましたか?

永和印刷では、社長が代表して女性社員の人数分のお菓子を購入してくれたので,
男性陣はそれに便乗させていただきました。
それにしても、女性陣がお菓子を選んでいる光景をみて、
永和のメンツも変わったなぁ、女性も多くなったなぁ・・・としみじみ思ってしまいました。

経理・総務・営業で3名の女性というのが長く続いていましたが、
今では経理・総務・DTP・編集・営業で7名の女性社員が在籍しています(総勢18名中)。
年齢層も、私が入社した17年前にはオーバー60がゾロゾロいたのですが、
先輩方が次々と卒業されていき,今ではアンダー40のほうが圧倒的に多く若返っていますね。
 (私なんかもつい数年前は「くん」づけで呼ばれていたのに、いまじゃ会長と工場長くらいしか
  「くん」と言ってくれませんね、う~む、30代はあっていうまでしたね)


女性の増加・若返りの理由としては、
世間的には女性の社会進出、共働き家庭の増加、晩婚化・少子化などが挙げられるでしょうが、
永和印刷における理由としては、数年前までの会社として力を入れる部分というのが印刷機を中心に考えていたのに対し、より川上を目指して「編集・DTPに力を入れている」ことに尽きると思います。

実際、社内の女性社員はデザインや細かい部分への目配りなどでも幅広く力を発揮してくれています。
営業員も3年前には30代男性中心の編成でしたが、1月より20代の女性が加入し様変わりしつつあります。

Prog 春号(4月初旬発行予定?)ではそのようなご紹介ができたらな・・・と。
現在ネタをいろいろと考案中なのでお楽しみに。

さて、このへんで笑えるネタをぶちこみたいところですが・・・
私自身のことでいうと、子供のころからバレンタインデー・ホワイトデーに縁のない生活なので、
ネタにできるような笑える話はないですねぇ。

しいていえば(実話です)・・・ (古いですが・・・ヒロシのテーマ♪をイメージしながら読んでください)

ヒロシです。
机にチョコのゴミだけが入っていた経験があります。
 笑えないか・・・

ヒロシです。
母親は「どうせもらえないんでしょ」と毎年同じことをいいながらチョコをくれるのですが、
「そういう問題じゃなかとです、なぐさめにもなりませんからぁ、残念!!」と心の中で反論していました。
 これも笑えないか・・・

ヒロシです。
娘たちはいまのところは毎年ちょっぴりのチョコをくれますが、
何個か作ったうちの失敗作を私によこしている気がします。

ヒロシです。
それを抗議しようかと悩みましたが、
そのうち父親なんかどうでもよくなってしまい、
来年以降から早速除外という可能性もあるのでいわないでおきました。
でも、ちょっと扱いが悪くないでしょうか?
 やはり笑えないかな・・・

このまま続けていってもどんどん暗くなっちゃうので、
印刷ネタに移りましょう。(^^ゞ


ホワイトデーにちなんで、白の印刷を・・・
おっと、それはすでに紹介済みでした。


2月14日 2週連続の大雪,雪を印刷で表現するにはどうする? (←興味のある方はこちらをクリック)

白がダメなら・・・
韓国にはブラックデーというのが4月14日にあるそうです。

Wikipediaによると・・・

バレンタインデーやホワイトデーで贈り物を受け取れなかった者、恋人ができなかった者同士(ソロ部隊、솔로부대)が黒い服を着て集まり、チャジャンミョン(韓国風炸醤麺)やコーヒー(ブラック)など、見た目が黒い飲食物を食べる日、とされている。
ホワイトデーは日本で始まった習慣であるが、やがて韓国や台湾でもその影響を受けてホワイトデーが祝われるようになった。韓国において、この習慣にさらに付加的に始まったものがブラックデーである。ブラックデーはバレンタインデーの1ヶ月後の3月14日であるホワイトデーの、更に1か月後の4月14日である。
韓国のドラマや小説等で「今年もチャジャンミョンを食べることになりそう……」のようなセリフがあった場合は「今年も(4月14日までには)恋人ができそうにない」の意と解することができる。また、この日にブラックデーを実行している人は、自ら恋人が現在いないと宣言しているに等しく、そんな人たちがこの日をきっかけに付き合いを始める例も多い。つまり、フリー宣言をした男女同士の合コンの意味もある。
その後韓国では、このブラックデー以降も5月14日のローズデーとイエローデー、6月14日のキスデー、8月14日のグリーンデーと、恋愛に関わる14日の記念日が設定されている。食品会社によって作られた記念日も多く、記念日が多すぎて飽和状態になっているともされる。


ホワイトデーは日本で始まった習慣だったんですね。
ブラックデー、いらないっすね。



さて、印刷の黒(スミ)といえば、最もよく使用する色です。

インキのスミ(BK)の種類による色の違いもありますが、
カラー印刷ではかけ合わせの黒の表現があります。

「リッチブラック」と呼んでいて、
スミ100%にC・M・Yをそれぞれ20~40%かけ合わせることで、
より美しく深く濃い黒を表現することができます。

イメージ ↓
d0137902_1225337.png







だったらCMYKを全部100%にすればという方がいるかもしれませんが、
オフセット印刷の場合、コートであれば各色の合計値が350%、
マットコート・上質であれば300%を超えると裏付き(別の紙にインキがくっついてしまう)や
ブロッキング(インクが乾き切らず紙と紙が貼りついてしまう)の原因となりますので注意が必要です。

また、細い線や文字を白抜きにする場合に、紙ノビなどによる見当ずれのために、
文字がにじんでみえたり腺が赤く見えたりということもありますので使い方にも注意が必要です。

イメージ↓ 
スミ(黒)以外の色も含まれているため、わずかな見当ズレでもこんなふうになってしまいます。
d0137902_12251142.png





意図的でないケースとしては、RGBで作成した黒をCMYKに変換した際に、
4色かけ合わせの黒になってしまい、アプリケーションの設定によっては上記の限界を超えてしまったり、
逆にうすくなってしまったり、文字がぼけたりすることもあります。

黒一つとっても、結構確認をしなくてはいけないことがあり、印刷って意外と奥が深いものなんです。
期待の新人女性営業にもちゃんと学んでもらいます!!


関連記事
[PR]
by eiwa-p | 2014-03-18 21:44 | 営業部・発 | Comments(0)

印刷に使う写真の撮影時の簡単ワンポイントアドバイス

ミサトオリンピック、女子団体ラージヒル決勝です。


ここはメダルの期待がかかる大事なジャンプ、絶対に失敗は許されません。




日本女子、ここまでは順調なすべりをみせてきましたが、
プレッシャーのかかるこの場面でいつもどおりのすべりが果たしてできるのでしょうかっ!?












さあ、今スタートをきりました。





おっと、バランスをくずしたか??



d0137902_23412274.jpg





d0137902_23415194.jpg

バランスをくずしながらも、見事なV字開脚、
K点は越えたか、K点、越えましたぁぁぁぁ!!!



また、会社のブログで何をしているのだとお叱りをうけてしまうかもしれませんが、
今回のテーマは印刷に使う写真ということで、私の個人的ベストショットをご紹介しちゃいました。
(5年くらいに撮影したもので、次女オムツ感たっぷりです)


動画(映像)ももちろんよいですが、写真にはまた特別な魅力がありますよね。

こういった動きのなかの瞬間的なショット
(スポーツなどのインパクトの瞬間や汗の飛び散る写真など)や、
一眼レフで子どもや動物、花などを接写した写真
(ピントをあわせた箇所を鮮明に、周辺部分はぼかした感じもたまりません)、
花火やイルミネーションの幻想的な写真など、
ときに映像よりも強烈なインパクトを残す出来栄えであることがありますし、
医学書や各種解説書などでは静止画像であるがゆえに、
的確な指摘とその分析が伝えられるメリットもあります。

といっても、誰もがプロのカメラマンのような技術や、
高性能の一眼レフのデジタルカメラを持っているわけではありませんし、
私自身も写真撮影についてはシロウトなので、そんな偉そうなことを言える立場ではありません。

ただ、印刷に使う場合には絶対に欠かせないワンポイントアドバイスがあります。
とっても簡単ですので、頭の隅においといてください。。


それは・・・


一歩うしろにひくことです。


印刷物に写真を使用する場合に、周辺を白にする場合はよいのですが、
絵柄を印刷面全体に拡大したり、仕上がり部分まで入れる(断ち落ちといいます)ことはよくあります。
その場合には、製本の都合上仕上がりよりも3ミリののびしろが必要になるため、
写真の周辺部にゆとりのない画像の場合、仕上がり方向の断ち落ち部分が切れてしまいみっともなくなってしまいます。

これ、意外とよくあるんです。

いわゆるオフセット印刷にかぎった話ではありません。
身近な例で言うと、家庭用のインクジェットプリンターでフチなしプリントを指定すると、
実際の画像よりも周囲が切りとられてしまいイメージどおりにいかなかった、そんなご経験はございませんか?
周囲に白いフチをつけるのであればよいのですが、
断ち落ちの場合には仕上がりの外の紙でない箇所にも実際には印刷しているためにそうなってしまいます。

また、利用するサイズやトリミングのことを考えると、
周囲が大きめにとってあれば、必要ない部分をカット(トリミング)すればよいのですが,
余白を追加するのは一苦労、いや五苦労(マジ御苦労です)くらいの困難を伴います。

その他にも、記念写真などで額縁や飾り枠をつける場合にも、やはり余裕があったほうがよいですよね。

そんなわけで、写真撮影の際には、使い道を考えて、
ときには一歩ひいてシャッターをきってみてください。




印刷のご相談は,永和印刷へ!!

http://www.eiwa-p.com
  ↑お問い合わせはこちらのホームページからお願いいたします。


マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ
[PR]
by eiwa-p | 2014-03-10 19:28 | 営業部・発 | Comments(0)

2分の1と2倍 ーそんな成人式ってあるの?

長文のため,印刷関連話に興味のある方は,最後の方まで読み飛ばしてください。
テーマは「2分の1」と「2倍」です。


大雪で中止になってしまった長女の学校行事「2分の1成人式」が先週末に実施されました。
最初にその話を聞いたとき,
「なにそれ? 今,そんなのあるの? なにするの? 校長の話聞くの?」
と嫁に聞くと,
「知らない。とにかくこれ,明日の朝まで絶対に書いておくように!!」
と紙を渡され,中身を読んでみると,

お子様の10年を振り返ってメッセージを記入してください。
また,小さい頃の写真を1枚同封してください。
ご提出していただいたメッセージはお子様の目にふれないように,
封をした状態でご提出ください。
学校にて当日まで保管させていただきます。
●月●日までに,お子様にご提出ください。


といったようなことが書いてありました。
ウチの鬼嫁,約2週間持ち続け,前日の夜に扱いかねるとみるや,夫にいきなりスルーパス。
しかも,深夜1時に疲れをいやすビールを楽しく飲んでいるところに来たもんだ。

しかしこちらも鬼嫁の旦那歴10年,それくらいでは動じずちゃんと書きました。
(一応もっと早くまわしてくれないかなとはチクリと言いましたが,無視ですがそれでも動じません)

で,迎えた当日。
d0137902_847262.jpg小学生らしいみんなで一言ずつコメントをつなげたまに唱和する昔ながらの「アレ」を聞き終わると,
生徒一人一人が,昔の写真と現在の写真のスライドをバックに将来の夢を順番に語っていきます。
娘はファッションデザイナーになりたいと語っていました。
音楽といい,ファッションといい,オヤジに全く欠けているものをなぜ選ぶのかなぁとぼんやり考えていると,
無理だから,スタイリストにしろと言ったのに」と横でブツブツ言っている嫁の声が聞こえてきました。
うるせぇな・・・夢なんだからそんな細かく限定しなくても・・・どうせすぐに変わるだろうし・・・(心の声)

それにしても,自分自身は成人式すら参加していませんし,特に夢もなかったなぁ・・・
むしろ2倍成人式(40歳)になってからのほうが,
老眼になってきたり,肩・腰のコリがハンパないし,足腰の衰えも実感するし・・・・・・
そんなどーでもよいことを考えていると,
最後のイベント,子供から両親へのお手紙,そして親から子供へのお手紙コーナーを迎えました。
「いつもごはんをつくってくれたり,しかってくれたり,合唱の練習に送り迎えをしてくれたり,洋服をかってくれたりしてくれてありがとう,ママみたいなおかあさんとファッションデザイナーになりたいです」といった素直なものですが,
嫁,感激して泣いてました。まさに「鬼の目にも涙」。意外と単純なんです。
(数時間後にはいつもどおりカミナリ落としていました)
私的には,「ママへ」で「パパ」があっさり無視されていることにちょっぴり違和感を感じましたが,大丈夫です。
私からの手紙は
10年間成長する姿をみせてくれてありがとう。これまで支えてくれた先生,友達,おじいちゃん,おばあちゃん,みんなに感謝の気持ちを素直に伝えられるようになってください
といったようなことを伝えたのですが,娘はわりと冷静でしたね。
まわりでは号泣している子もいるというのに,私は残念ながら「もっと伝える男」の本領を発揮できなかったのでしょうか?
(「昼間のパパはいい汗かいてぇぇぇるぅぅぅ,昼間のパパは光ってるぅぅ♪」ことも伝えたいのですが,
 サラリーマンの父親の働いている姿を世間の子供たちに「もっと伝えたい」のは私だけでしょうか?)

なにはともあれ,たまにはこういう機会もいいものだと学校に感謝しました。
勉強もちゃんとやってもらいたいけど,それ以外のことを教えてくれてること,
学んでいるんだということを実感し,偉そうにいっているけど,
私自身が両親(実・義両方)や嫁や友人,お客様や同僚にふだんちゃんと感謝できているかな,
照れもあるけど言えていないなと反省する機会にもなりました。


さて,いつものように前置きが長くなってしまいましたが,
「2分の1」と「2倍」について,印刷的視点からのお話を。


「2分の1」といえば,組版に関連した仕事をしている人が思い浮かぶのは,
約物とかアキではないでしょうか。
2分アキといえば,全角に対する半分のアキなので,14Qであれば7H,つまり1.75ミリのアキです。
パーレンやカンマ・ピリなども,英文との兼ね合いでうまく使い分けることが美しい日本語の組版の中では重要な要素ですね。
一方,「2倍」といえば,2字分を表します。よく利用するものとしては「2倍ダーシ」ですかね。
引用やサブタイトルの前であったり,索引用語の重複部分などで目にすることが多いでしょう。

単純な「―」ですが,2分や2倍以外にも,使い分けってうまくできていますか?

― 全角ダーシ (倍の長さが2倍ダーシ)
-  二分ハイフン(和文の場合,全角の天地中央の位置になるのが理想)
-  四分ハイフン(欧文の場合,小文字にあうようにやや下よりになる,シラブルはこちらを使用)
ー 音引
- マイナス


ブログだと,うまく表現できませんが,
例えば欧文中でも,引用頁間は二分ハイフンがしっくりきますし,
-9などで数字と記号が離れすぎていると気になりますよね。

ウチの校正者の藤島はこういうチェックがものすごく得意です。
より細部の部分まで見本組の段階で決めておくと仕事もスムーズになりますし,
完成度の高い美しい組版になるはずです。
ぜひ2分や2倍だけでなく,4分でも8分でもご要望をお伝えください。
(モノによっては難しいものもあるのですが・・・)

印刷のご相談は,永和印刷へ!!

http://www.eiwa-p.com
  ↑お問い合わせはこちらのホームページからお願いいたします。


マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ
[PR]
by eiwa-p | 2014-03-06 21:00 | 営業部・発 | Comments(0)
line

永和印刷のブログ_もっと伝えたい!


by 永和印刷
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31