人気ブログランキング |

永和印刷のブログ e-blog

eiwap.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

こんなバーコードもありなんです。 バーコードのルールって?

先日,デザインバーコードなるものを紹介するサイトをみつけました。

トリビア(なつかしい〜)に思わず「へぇ〜」を10回ほど押したくなってしまいました。

引用元:
 Rommie 「日本にはこんなにたくさんのデザインバーコードがあった」2014/01/18 14:00

      http://www.roomie.jp/2014/01/133793/ 

d0137902_2283955.jpg


要するに,読み取り機器でバーコードを読み取る部分が,一直線上に正しい配列になってさえいれば,その上下左右についてはどのようなデザインでもかまわないんですね。

実におもしろいのですが,残念ながら自分自身で商品を開発する機会がないので,
このブログを読んでくれたお客さんから,こういうのをやってみたいんだけど・・・
と相談されるのを待つことにします。

待つだけでは仕事はこないので,ちょっぴりアイデアを紹介します!!

 名付けて,「バーコード〜ん

d0137902_2219314.gif


某国民的アニメキャラのヒゲの部分をバーコードにしてみました。

ちなみに,私のこのアニメへの思い入れは半端ないです。

クリック→ 「波平、親切騒動〜印刷人的視点からの「サザエさん」考」



弊社は「医学書」をはじめとする硬派(?)な書籍を多く手掛けているので,
なかなか実現化することはないでしょうか・・・

では,ここからは,書籍のバーコードについてのご紹介をいたします。

書籍のバーコードの特徴としては,ISBNの規格の場合,13桁で構成されています。

ISBN 978-4-AAA-BBBBB-C
CDDDD Y5000E


といった数字がバーコードの左右に表示されていますし(ハイフンの区切りは出版社によって異なります),
日本の書籍の場合には,「日本図書コード」が上下2段で表示されています。

9784AAABBBBBC」といった数字が上段のバーコードの下に並び,

192DDDD05000E」といった数字が下段のバーコードの下に並びます。

これは何を表すかというと,

上段
978 もしくは 979 は接頭記号で,どの書籍にも共通です。
その次の「4」は地域・言語を表す番号で,日本を表します (ちなみに,英語は1,フランス語は2)。
Aは出版社記号(桁数は出版社によって異なる),
Bは書籍記号で,A+Bの合計で9桁になります。
Cはチェックディジットといって,「モジュラス10 ウェイト3・1」という計算方法で算出されます。作成ソフトを使用すれば自動的に計算してくれるので,ここでは割愛します。

下段
192 書籍JANコードの2段目を表す。
Dは図書分類で,医学書籍であれば3047,漫画の単行本であれば9979といった数値が入ります。
05000 は価格です。10,000円なら「10000」,500円なら「00500」ということです。
Eはチェックディジット。

なんとな~くわかっていただけたでしょうか??

ちなみに,バーコードに使える色ですが,
コード自体と背景の両方の色を考慮する必要があります。


まず,大前提として絶対にやめたほうがいいのはアミを使うこと。
細く読み間違えたりしてしまったら大変なことになってしまいます。

コードの色ですが,黒はもちろん,などの赤い色を吸収しやすい色は問題ないのですが,
背景を白ではなく,黒や同系色にしてしまうとコードが読みとれなくなってしまうので注意!!
赤系の茶や紫でも,読みとれないことはないですが,極力リスクはさけるべきでしょうね。

背景ですが,こちらはオレンジなど,要は赤色のLEDやレーザー光で,
コードとの差がつく色(光を反射する色)であれば問題ありません。

わかりやすい例でいうと,よく問題集などで使用する「赤いセル」をあててみてください。 ※緑はNGです

問題集の場合はセルをあてて答が読めちゃいけないんですが,
バーコードの場合は,読みとれないってことは販売する上で支障があり,
商品としては大問題なんです。

いつも目にするバーコードですが,ぜひ本をみる際に確認してみてください。



印刷のご相談は,永和印刷へ!!

http://www.eiwa-p.com
  ↑お問い合わせはこちらのホームページからお願いいたします。
by eiwa-p | 2014-02-28 08:30 | 営業部・発 | Comments(0)

金銀の印刷はなぜ高い? ーソチオリンピックで葛西紀明,銀・銅メダル獲得!

ネタとしては,ちょっぴり新鮮味がなくなってしまいましたが・・・

ソチオリンピックで,41歳のレジェンド葛西紀明選手が,
男子個人ラージヒルで銀メダル,
団体ラージヒルで銅メダルを獲得しましたね。


20年以上トップクラスの実力をキープし続けて7回目のオリンピック出場,
なおかつ今回のメダル獲得は冬季オリンピックでの日本人最年長記録,
20歳ほど若い選手の牽引役も務めたということで,
まさに「レジェンド」にふさわしい活躍ぶりでした。

私と同じ41歳ですが,同じ昭和47年生まれの現役スポーツ選手といえば,
プロ野球では,ラミレス・稲葉(日ハム)・和田(中日),
プロレスラーでは,大谷晋二郎と高岩竜人,
コーチ兼任などの管理職的役割で残っているイメージです。
(1歳下のイチローは別格ですが,そのイチローですら全盛期の活躍は期待できないと言われています)

社会人の40歳前半は,まだまだ若造の現役バリバリ。
葛西選手の活躍に刺激を受けた私も,若い人をひっぱりつつ,
自分自身も頑張ろうと心に誓いました。

(ちなみに,お笑い芸人には47年生まれが非常に多く,アメトークで「華の昭和47年生まれ芸人」
 というククリの回もありました。いわゆる団塊ジュニアと言われる世代です)

さて,いつものように前置きが長くなってしまいましたが(苦笑),
オリンピックといえば,注目は金・銀・銅のメダル。

というわけで,前回の雪の「白」に続いて,の印刷にまつわる話をご紹介します。

4色印刷で金・銀を再現することは,厳密には不可能です。
あくまでも,CMYKのかけ合わせで,擬似的に再現しています。
金であれば,Y80 M50 C40程度,
銀であれば,CMY各40~50程度(グレー)が近い色ということになりますが,
実際にはまわりとのコントラストや加工によって金・銀のようにみえるようにしています。

一方,ロゴや商品イメージなどで金・銀を印刷する場合は,特色インキを使用します。

d0137902_20232065.jpg


大日本インキでいうと,写真左から,
DIC619が赤金,DIC620が青金,DIC621が銀となります。


金・銀を印刷する場合,通常のカラーの1色単価の約1.5~2倍の請求となるのが業界相場です。

その理由は・・・

 ①インキ自体の料金が高い
     他の特色の場合,配合で作ることがてぎますが,金銀は購入する必要があります
 ②印刷のツボ・ローラー・ブランケットの洗浄に手間ががかる
     4色のカラー印刷であれば,絵柄・用紙が異なっていても,
     版を交換すればそのまま印刷できますが,金銀の場合は前後に念入りに洗浄する必要がある
 ③乾燥性がよくない
     ②に準じていますが,乾燥しにくいと作業効率が悪くなります

つまり,原価も,手間も,時間もかかる=割増料金ということなのです。


金や銀を表現している印刷物を目にした場合,どのように刷られているか,
ご興味のあるかたはぜひ目をこらしてご覧ください。

4色のかけ合わせで表現していたり,
金・銀のインキを使用していたり,
黄土色やグレーの特色とグラデやシャドウなどの加工技術で表現していたり,
箔押しなどの二次加工をしていたり,などなどさまざまな方法で再現しているはずです。

関連記事 箔押加工
2015年カレンダーを配布中です。 箔押しを使用しています!!

by eiwa-p | 2014-02-21 09:00 | 営業部・発 | Comments(0)

印刷人的視点からの「サザエさん」考 ー波平、親切騒動

報道などでご存知の方も多いでしょうが,国民的アニメ「サザエさん」のお父さんである波平さんの声優を務めていた
永井一郎さんが1月27日に亡くなりました。

2月9日の放送が永井さん演じる波平 〔マニア的にいうと双子の兄の海平さんも含む〕の最後の雄姿でした。
三本立ての最後が「波平、親切騒動」と、波平さんらしさ満載でなんとも運命的なものを感じさせる笑いと涙なしではみられないストーリーでした。 しみじみ・・・

子供のころからのサザエさん好きだった私は,
少年時代のカツオくんの目線,
義理の父と愛妻を気遣うマスオさんの目線,
子供を怒るのではなく「叱って」育てる波平さんの目線
と,
時代とともに立場を変えながらも家族で「サザエさん」を楽しみ続け,
サザエさんをみると憂鬱になるサザエさん症候群ではなく,
サザエさんをみないと月曜日のやる気がでないサザエフリークです〔表現的にはどうなのか・・・〕。

波平の後任は茶風林さん 〔直前の「ちびまる子ちゃん」の永沢くんの声優を務めています〕 に決定しましたが,
慣れるまでのしばらく間はどうしても違和感を感じ,さみしい気持ちになってしまうことでしょう。
とはいっても,サザエさんでは,これまでにもカツオワカメ・ノリスケ・タイコといった主要キャラの声優が交代しています。「ドラえもん」や「ルパン三世」にしても,しかりです。
後を継ぐ声優さんに頑張ってもらい,これからも国民に愛される「日本のお父さん」像である波平さんの姿をみたいものです。

と,こんなことを長々と書いていると
「会社のブログで何をやっているのか,バッカモーン!!」と,
波平さんではなく社長からお叱りを受けてしまうので,標題にあるように,
印刷人的視点からの「サザエさん」考をご紹介します。

サザエさん」といえば,放送開始から45年のギネス記録を持つアニメですが,
黒電話や酒屋(三河屋)さんの御用聞きなど,時代背景として「昭和の生活」を強く感じる内容です。
商社マン(海山商事)であるマスオさんが携帯電話やタブレット端末をもっていたり,
東芝がスポンサーだからといって磯野家に最新家電がラインナップされていたとしたら,
もはやそれは「サザエさん」ではなくなってしまいます。
おっと,またまた脱線しそうですが・・・ ようやくここからが本題です。
実は昔ながらなのは作品の中だけではなく,
アニメの制作方法も昨年9月までは「セル画フィルム」を使用した方法を続けていました
〔デジタル化も交えながら〕。
ブラウン管テレビではそれほど気にならなかったのですが,
ハイビジョンや液晶テレビなどの高画質な大画面で「サザエさん」をみた際に,
サザエさんの髪などにチラチラとゴミなどが気になった方がいたとしたら,お目が高いです。
そのチラチラ,セルフィルムを撮影する際に付着したゴミやホコリなどが映りこんでいたものなんです。
印刷業界でも,活版印刷からオフセット印刷に移行後には製版フィルムが主流となり,
印刷会社にとってフィルムは財産でしたが,それも過去の話になりつつあります。
データを4色に分版して直接刷版にするCTPが主流になってからはフィルムの需要はなくなり続け,
フィルムから刷版を焼くPS版もなくなる日もそれほど遠くないことでしょう。
ちなみに,デジタルでゴミの付着することのないCTP 〔取り扱い方でキズがつくことはありますが・・・〕に比べ,
アナログなフィルムからの刷版では,印刷時のゴミのチェックにかかる負担がものすごく大きいのです。
印刷オペレーターは目をこらして,ゴミが付着していないかを印刷前に厳重にチェックしています。
印刷物にゴミがついてよいはずはなく,営業担当者が一部抜きのチェックでみつけると青くなってしまうのですが,
サザエさんの髪の毛のゴミにはなんだか昔ながらのなつかしい味的な魅力を感じたものです。
〔きっと制作者側にはそんな狙いはなかったでしょうが・・・〕

デジタル化に伴い,カツオくんの坊主頭を表現する点々もいつのまにか規則的なパターンとなっておりますが,
サザエさんには3DやCGの技術を取り入れてもらうより,これまで通りの平面的なタッチが似合うと思うのは私だけでしょうか? 
ドラえもんならいいけど,サザエさんにはトイ・ストーリーやモンスターズインクのキャラのような立体的な雰囲気はふさわしくないし,みたくないです。
紙への印刷にしても,DTPの進歩により表現方法の幅は広がっていますが,単純なデザインのほうがわかりやすかったりすることもあります。
新しいものを積極的に取り入れつつ,昔ながらいいもののも大切にしていきたいですね。

電子書籍もいいですけれど,新しい本を手にする喜びもホントにいいものです!!




たまには視点を変えた印刷についてのお話しで,少しでも楽しんでもらったり,豆知識になればと,
このような話も今後はご紹介できればと思います。



印刷のご相談は,永和印刷へ!!

http://www.eiwa-p.com
  ↑お問い合わせはこちらのホームページからお願いいたします。

by eiwa-p | 2014-02-18 21:03 | 営業部・発 | Comments(0)

雪を印刷で表現するにはどうする? ー2週連続の大雪で大混乱

まさかの2週連続の大雪でしたね。

こーゆーときには早々に帰宅するのが望ましいのですが,仕事の進行の都合上そうもいかず,
私を含め,社内でも遅くまで残業している人がいました。

金曜日の夕方にお客様のところに訪問した頃には,雪が強くなってきており,
自動車でのノーマルタイヤでの移動はそろそろやばいかな,という感じでしたが,
11時過ぎに会社を出たときには・・・ (iPadで撮影)
d0137902_1656858.jpg
完全な雪景色!!

大江戸線は動いていましたが,
都営浅草線,終了していました。
雪はさらに激しくなり,
ココは本当に東京なの?  
という状況。

翌日は,娘の学校行事に参加しなくてはならないため,
どうしても帰らなくてはならず,タクシーを使いました・・・(; ;)
なのに,結局,臨時休校になりました。 ((((;゜Д゜)))))))

そんなボヤキはおいといて,
CMYKの4色のカラーのオフセット印刷では,再現することが難しい色というのがあります。

よく知られているのは,などの輝きのある色や蛍光色などの光を表現させる色ですが,
実は「白」も再現が難しい色といえます。

というのは,カラー印刷では,C(シアン),M(マゼンタ),Y(イエロー),K(ブラック)の網点を重ねることで,さまざまな色を表現するのですが,CMYの3色を重ねれば重ねるほど黒に近くなります。
つまり,白を表現するには,すべての色をゼロに近づけることになり,盛らないほうがよいということなんです。
しかも,その白は用紙の色であるため,もっと青系の白がよいとか,黄色系の白がよいという場合には,
用紙そのものを変えないと難しいのです。
永和印刷では,医療系の書籍を多く手がけておりますが,
病理写真などで背景の白い部分をもっと白くしてという要望を出されることがまれにあります。
透明感を出したいという意図もあるのでしょうが,指摘箇所をゼロ値にする以上の白は表現することはできず,用紙についても制約があるためにどうにもできないケースというのがあります。

雪や雲を表現する際には,陰影や周囲とのコントラストで表現することになりますが,
明るくすればするほど調子はなくなってしまいますし,白の色味については用紙次第という部分が大きく,再現するには限界があります。
黒であれば,K(ブラック)100%に,C・M・Yを重ねていくことで,より深い黒(リッチブラック)が表現できるのですが・・・
ちなみに,特色としての「白」はありますし,市販のプリンターでも白インクを搭載しているものがヨーロッパにはあるそうです。

逆に,パソコンモニターなどの場合はどうかというと,
こちらは光の三原色である R G Bで構成されており,
重ねれば重ねるほど,白く明るくなっていくのです。
モニターの設定にもよりますが,画面で見たイメージよりも,写真にしたときに暗く感じるのはそのためです。


長くなっちゃいましたが,
ちょっぴりためになり,ちょっぴり笑えるブログを目指しているので,その後日談を・・・
d0137902_17401087.jpg

翌日は2週連続でマンションのエントランス・駐車場の雪かきに励みました。
先週はヘトヘトになりながらも,子どもたちのために屋上を開放し,
かまくら作りに協力したりしました(写真 4人入っています)が,
今週は雪の後に雨が降ったために雪がべちょべちょなのと,
新鮮味がなくなり子どもたちのテンションも低くなっていることと,
おじさんたちの体力の問題もあり,雪かき隊が作業が終了次第解散しました。
なかなか隣近所の人が協力しあう機会というのは少ないので,たまにであればいいのですが,
来週はもう勘弁してもらいたいなぁ。

前述のとおり,学校は休校になったものの,私には
合唱に参加する娘を会場である江戸川文化センターまで送り届けよという指令がボス(嫁)から発令されました。

雪のため,危ないので自家用車は使わず,タクシーを使えとのことです。しかし,
送り届けた帰り(私ひとり)はタクシーは使うな
とのことです。
ボスの命令は絶対です!!!
もちろんケチを自認する私が昼間から1人でタクシーを使うわけもないのですが,
ちょっぴり「ムッ」としました。
でも,家庭円満のためにはそこはぐっと我慢!!
(雪かきの際に,嫁さんのバイクに雪をかけている悪友の気持ちがちょっぴりわかりました)
自動車では20分程度の道を,総武線の1区間の利用と,60分の徒歩で任務を完了しました。

何事も無駄な経験ということはなく,無駄かどうかはその経験を生かすことができるかどうか,
本人次第なのではないでしょうか。 ・・・自分への言い聞かせっぽい?

ミスター長嶋さんは「失敗は成功のマザー」と語っていますし,
イチローも「4000本のヒットの裏には,その倍の失敗(凡退・打ちそこない)がある」と語っていました。

大事なのは失敗しても繰り返さないで,対策をとること(失敗はそもそもしないほうがよいですが)と,
自分の能力・才能について,線引きをせずに積極的に取り組むことでしょう。

雪かきで腰を落として作業をしていたら,
昔,家業の材木屋で仕分けをやっていたムーブが20年たって身体にしみついていることを実感しました。
学生時代は運動部に入っていなかったのですが,身体が丈夫なのもそのおかげでしょう。
今も病気知らずで,どんなに働いても,ビールを飲めばHPが回復します。
今回,平井から八広まで,数十分歩いた経験も,今度酔っ払って,
地下鉄がなくなり,JRで帰った際にきっといかされることでしょう。

そう心に誓い,今週も頑張ります。

印刷のご相談は,永和印刷へ!!

http://www.eiwa-p.com
  ↑お問い合わせはこちらのホームページからお願いいたします。


マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ
by eiwa-p | 2014-02-17 09:00 | 営業部・発 | Comments(0)

いまさらですが,今年の抱負を

ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが,永和印刷では「Prog」という広報紙を年4回のペースで発行しております。バックナンバーはこちら(←クリック)から。
Progでは,永和印刷の最新トピックスをご紹介するとともに,印刷やDTPの基礎知識(「印刷のいろは」,「Dr.HagiのDIGITAL CLINIC」,営業担当者からのコメントコーナーもあります。ご興味のある方,最新号をまだもらっていないぞという方はぜひ営業員にご連絡ください。

最新の1月号では新年のご挨拶&今年の抱負と題し,編集部,DTP事業部,印刷・工務部,営業部の各部署からの声をお届けさせていただいております。
(「おいおい,もう2月だよ」という声が聞こえてきます・・・更新が滞り申し訳ございません)

編集がきめ細かい原稿整理を提供し,
DTPが正確できれいでスピーディーな組版を実行し,
印刷・工務部が高品質な商品を完成させ,
営業はお客様の求めているものを実現するための努力を惜しまない。

弊社のキャッチコピーである「もっと伝えます!」にはそのような思いがこめられています。

下のイラストでDr.Hagiが本を釣りあげているように,お客様からよりたくさんの書籍の印刷をおまかせいただく大漁の年にしたいので,よろしくお願いいたします。

d0137902_1241397.jpg

by eiwa-p | 2014-02-08 13:01 | 営業部・発 | Comments(0)
line

永和印刷のブログ_もっと伝えたい!


by 永和印刷
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28