永和印刷のブログ e-blog

eiwap.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

悲しいですね

私、相撲が好きでした。


1970年代、貴ノ花(故・初代)のサーカス相撲をブラウン管TVの前にかじりついて応援していました(北の湖憎し!)。一緒に観戦した曾祖母の笑顔は、いまだに脳裏に鮮やかです。


友人、父や弟と相撲を取っては家の襖を破壊。廻し代わりのズボンのベルト通しは「吊り出し」「上手投げ」をやると、すぐにブッツリ切れたり。

私にとって相撲は、懐かしい思い出がいっぱいなのです。





嗚呼、それなのに…




八百長という名の「お約束」の存在は、誰だってうすうす知っており、一部メディアによる告発はかなり以前からあったといいます。

なのに、なぜ今になってこの「八百長」騒動?

メール文書の発見云々は表面的なきっかけに過ぎないと思います。



思うに、今さら取り上げられてしまう理由は、今の大相撲がエンターテインメントとしてお粗末過ぎるから、ではないかと。

土俵が面白いときには、メディアもファンも「守って」くれるのです。


何せ今の大相撲は観ていてつまらない。おそろしくつまらない。
大相撲と称しつつ、実際の土俵に展開されるのは大相撲(=熱戦)は皆無で、「大きな人たちによる相撲」にすぎませんから…

なのに八百長だと?と、こうなるわけですね。

よって、八百長騒動が無くても、今の土俵内容では、大相撲の末路は同じだったような気がします。




「面白い土俵」=良い製品
もっとも大事にするべきところを誤り続けると、取り返しがつかなくなるのですね。



肝に銘じた次第です


それにしても 美しい思い出を汚されてしまった悔しさ…嗚呼
[PR]
by eiwa-p | 2011-02-10 21:25 | 久永・発 | Comments(0)
line

永和印刷のブログ_もっと伝えたい!


by 永和印刷
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28