永和印刷のブログ e-blog

eiwap.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

体質改善



組織の体質は、究極にはリーダーの経営姿勢の表れ。

新リーダーが組織の向上を志向し、それには体質の改善を要すると判断したとき、リーダーの挑戦が始まります。

旧態の染み込んだ時間が長いほど、その改善には努力と時間を要するのでしょうが、リーダーにはそれを遂行する義務があります。

話は違いますが、今夜サッカーW杯で、日本が予選の初戦を迎えます。

サッカーにおいてゴールは会社の売り上げであり、失点は同じく原価・費用だと思います。
その差が大きいほどチームとして優秀であり、失点のリスク(投資)を冒さなければゴールを得られない点も同じ。

会社の売り上げは、営業マンの個の力に依存するものではありませんが、その一方でエゴイスティックなほどの自負を持った営業マンが、結果を残す傾向があるのもまた事実。

組織は「全社一丸」と、個のエゴの共存が理想だと思います。

個の主張やエゴが通りにくい国・日本。

その土壌で、ゴールという売り上げ不足に泣いてきた日本は、はたして優秀な営業マンというストライカーの輩出を果たせたのでしょうか?

それともやっぱり「全員営業で何とか頑張って、せめてトントンにはしよう」的思考のみのサッカーを見ることになるのでしょうか?

日本サッカー組織の長(名前は知りません)が、三浦和良選手以来のストライカー不在という旧態の改善にどのくらい尽力してきたのか、今夜判明します。
by eiwa-p | 2010-06-14 19:43 | 久永・発 | Comments(0)

ブレ

「ブレ」

最近よく聞きますね、この言葉。

総理でもサッカーの監督でも、トップの方針変更は全て「ブレ」の範疇に入れられているようです。

「ブレ」から揶揄の響きを感じるのは久永だけでしょうか。上から目線というか。

「そもそもあんた分かってないじゃん」
「無理だと思っていたよ」
「そらみろ」

そのひとの常日頃のパフォーマンスや能力に、そもそも疑問を抱いていながら、その時点で疑問を呈することはなく、結果が芳しくなくなってから揶揄に近い批判をする。

イヤですね~

「ブレ」って言葉を使うひと、忘れていませんか?
「ブレ」と揶揄する相手に、かつて自分が選挙で投票したことも、名監督と称えていたことも。


上げ潮時には疑問を、落ち目には揶揄でなく代案と自己反省を。

また、トップは「ブレ」を「臨機応変」と感じさせるだけの日頃の研鑽と断固たる姿勢を(昔「この程度は公約違反にあたらない」って言い切っていた総理がいましたが)。

それでこそ組織も社会も前を向けるのではないでしょうか
by eiwa-p | 2010-06-01 20:56 | 久永・発 | Comments(0)
line

永和印刷のブログ_もっと伝えたい!


by 永和印刷
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31