永和印刷のブログ e-blog

eiwap.exblog.jp ブログトップ

和欧混色の見た目 印刷のいろは17

Prog. vol. 31 特集2を改変

Q 和文と欧文のQ数が同じなのに大きさが違うんですけど?
  高さもズレているんですけど?

A 私たちにも「設定が間違っていない?」「ズレちゃっているよ」と言われることがあります。
念のため確認をするのですが,本当に間違っていることはないとは言い切れませんが,たいていの場合は正しいです。
では,どうしてそのように感じるのか?
そもそもの原因として,和文と欧文の基準が異なるのです。
美しい組版にこだわるのであれば,その基準を理解したうえでの,フォント選びと設定が重要になります。

d0137902_17102201.png

見本にあるように,和文フォントの基準が「仮想ボディ」と呼ばれる正方形の中に
字面が設計されているのに対し,欧文フォントの場合は,ベースラインを基準に
天方向のアセンダライン,地方向のディセンダライン,
さらにいうとキャプライン,ミーンラインの5つの基準線でそろえています。
また,フォントによって,そのラインの高さが異なります。

Q WordやExcelで文書を作成したときに行末がそろっていないのが気になるのですが……

A InDesignやIllustratorであれば,和欧混色でも簡単にそろえることができるのですが……
WordやExcelの場合にはスペースを入れたりして調整をするのはたいへんですよね。
実はこのブログでも同様なので,改行で誤魔化しています(苦笑)。
和文フォントであれば,正方形(仮想ボディ)基準なのでズレは生じないのですが,
欧文フォントの場合,文字によって異なるものも多いのですし,
半角ベースで均一なものの場合は逆にパラパラしてみえたりするので確かに悩ましいですね。
直接の解決策にはなりませんが,和文とのバランスを重視するのであれば,
和文フォントに付属の欧文フォントをそのまま使用するほうが影響は少ないかもしれません。
あとは,WordやExcelでも簡単で便利な均等割りの機能がつくことを気長に待ちましょう。

Q 合成フォントって?

A 前述の見本にあるように,和文フォント付属の欧文フォントはベースラインなども調整され,
バランスがよいのですが,当然好みの組み合わせではない場合もあるでしょう。
InDesignでは,和文と欧文だけでなく,漢字,ひらがな,カタカナ,約物のフォント,サイズ,
ベースラインを個別に設定できる「合成フォント」という機能があります。
それぞれに設定できるため,小ぶりな欧文フォントを大きくしたり,ベースラインをあげたり,
といったことが可能になります。
最近の流行(?)としてはひらがなやカタカナの間隔を詰めることが多いのですが,
禁則処理の関係や行頭の1字をなんとか前の行につめたいといったときに,
かえって極端に字間が開いてしまうなんてケースもあります。

Q 正規表現って?

A 正規表現,DTPに関わる人であればよく聞く用語ですが,その定義をみると…

文字のパターンを表現する方法のひとつ。特定の文字(メタキャラクター)を使って、汎用的に文字列のパターンを表現し、文字列の置換、検索などに使用する。たとえば、「.」は任意の文字を表し、「*」は前の文字の繰り返し、「^」は行頭、「:」は行末を示す、などさまざまな表現方法がある。これらを使うことで、「数字ではじまり、ひらがなを含む行」や「行末が(。)で終わらない行」といった複雑な文字列のパターンを表現できる。文字検索の「grep」や置換の「sed」、高度なテキスト処理が可能な「AWK」や「Perl」など、正規表現はUNIX関連のテキスト処理コマンドやツールで広く利用されている。
ASCII.jpデジタル用語辞典より引用
なんだかわかりにくいですが,「文字列を特定のパターンに当てはめる」ということです。
InDesignの機能としては,
たとえば,文章中の( )内のフォントの種類・大きさを一律で小さくしたいときや,
使用する異体字を特定のものに限定するなどの設定をしておく,といったときに重宝されます。
つまり,特定の条件のもとでは力を発揮する一方で,ルール化ができていないと使いようがありません。

Q 合字設定って?

A 欧文フォントでは文字ごとの左右幅が異なりますが,
文字の並びによって,文字同士が微妙にくっついてしまうことがあります。
そんなときに「fl」「fi」「ff」などを「2つで1文字」となった合字設定を使用します
(下記サンプル参照)。
d0137902_18355843.png
サンプルのように,「i」の天が完全になくなっていたり,「f」の横棒が一直線につながります。
これを美しいと感じるか,それぞれをはっきりと表現してほしいか,
どちらが正しいかは人それぞれ。
実際に「くっつかないようにして」と要望されることもありますが,
字間をあけることでパラパラとした印象に感じるのも否めません。
あなたの正解はどちらでしょうか?



関連記事 こちらもぜひご覧ください。

Prog関連記事はこちら
クリスマスや来年のことを考える時期になりましたね,カレンダー配布中
Dr. Hagiコーナー
Dr.Hagiクリニック3 モアレとその対処法
Dr.Hagiクリニック2 Macの拡張子について  新キャラ 刷リカラス登場
Dr.Hagiクリニック1 web用データと印刷用データについて
印刷のいろは
印刷のいろは1 インキ
印刷のいろは2 紙の寸法と流れ目
印刷のいろは3 CTP
印刷のいろは4 DDCP(デジタルプルーフ)
印刷のいろは5 印刷の基本  ←オフセット印刷の仕組みはこちらから
印刷のいろは6 面付
印刷のいろは7 製本
印刷のいろは8 トンボ
印刷のいろは9 表面加工の種類と特徴
印刷のいろは10 記号・異体字
印刷のいろは11 色校正
印刷のいろは12 画像解像度その1
印刷のいろは13 画像解像度その2 Dr.Hagi登場
印刷のいろは14 画像データのファイル形式
印刷のいろは15 カラーチップ、カラーガイド
印刷のいろは16 フォント
印刷のいろは17 和欧混色の見た目
番外編 版ズレって?? 仕事人として,父として…もっと伝えます!! その3


過去の記事を読むなら…下からご覧いただくのがオススメです。

印刷のご相談は,永和印刷へ!!

http://www.eiwa-p.com
  ↑お問い合わせはこちらのホームページからお願いいたします。

[PR]
by eiwa-p | 2018-07-24 18:48 | 営業部・発 | Comments(0)
line

永和印刷のブログ_もっと伝えたい!


by 永和印刷
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31