永和印刷のブログ e-blog

eiwap.exblog.jp ブログトップ

Prog vol.31の特集1-2 黒ベタだって透けてしまうってどういうこと?

印刷物をみていて,こんな経験ありませんか?

黒ベタでふせているのに,なんだかうっすら下の絵柄がみえている

顔写真の目隠しであったり,個人情報に関連する番号であったり……
職業柄,そんな状態のものを発見すると「あちゃああああ」と血の気が引いてしまいます。

あれってこういうことなんです(↓)。

d0137902_14173450.png
CYMK緑紫赤の上にスミ100%をのせるとふんなふうに透けてしまうんです。

InDesignなどでスミ100%(ベタ)の設定にすると,自動的にオーバープリントの設定になります
(Bkではなく「墨」という設定があります)。

オーバープリントについては,Dr. HagiのDIGITAL CLINIC006 (←クリック)                                        をご覧ください
なぜそんなことになるのか……余計なことを……と思われるかもしれませんが,
実際の印刷で,仮にスミ文字の部分がオーバープリント,いわゆる「ノセ」の状態になっていないと,
あちこちが抜き合わせだらけになってしまいたいへんなことになってしまいます。

本来,印刷的トラブルを避けるためのスミのオーバープリントですが,
前回記事「Prog vol.31の特集1-1 印刷で表現できる黒とは?」で紹介したように,
スミのインキにも透過性があるため,下地の色味が反映されてしまい,
上にあるように透けて絵柄がみえてしまうことがあります。

では,そのようなときはどうすればよいか?
引く方法と足す方法があります。

まずは引く方法。
 「」を99%にすることで,単純ヒラアミ状態でオーバープリントではなくなります。
  うすくといっても,1%のマイナスは印刷ではベタになってしまいます。

次に足す方法。
 「Bk」100%にC(シアン)を1%追加することでも,オーバープリントの設定ではなくなり
  同様の効果が得られます。スミベタの下の1%のシアン,印刷ではやはり影響ないでしょう。


目隠しの際には,ぜひ実行してください。

ちなみに……デジタルデータの世界でも注意が必要です。

たとえば,PDFなどで隠さないといけない部分を黒で潰したとします。
見た目上は黒で消えている。
印刷のように透けることもない。
ところが,その下にはテキストデータが残っています
消した意味がないどころか,むしろ完全に読み取られてしまい,
印刷の透けるのよりはるかにタチが悪い結果になります。

便利なだけに,注意が必要ですね。


次回,特集1の続々編。1-1,2について,もう少し解説してみます。








関連記事 こちらもぜひご覧ください。

Prog関連記事はこちら
クリスマスや来年のことを考える時期になりましたね,カレンダー配布中
Dr. Hagiコーナー
Dr.Hagiクリニック3 モアレとその対処法
Dr.Hagiクリニック2 Macの拡張子について  新キャラ 刷リカラス登場
Dr.Hagiクリニック1 web用データと印刷用データについて
印刷のいろは
印刷のいろは1 インキ
印刷のいろは2 紙の寸法と流れ目
印刷のいろは3 CTP
印刷のいろは4 DDCP(デジタルプルーフ)
印刷のいろは5 印刷の基本  ←オフセット印刷の仕組みはこちらから
印刷のいろは6 面付
印刷のいろは7 製本
印刷のいろは8 トンボ
印刷のいろは9 表面加工の種類と特徴
印刷のいろは10 記号・異体字
印刷のいろは11 色校正
印刷のいろは12 画像解像度その1
印刷のいろは13 画像解像度その2 Dr.Hagi登場
印刷のいろは14 画像データのファイル形式
印刷のいろは15 カラーチップ、カラーガイド
印刷のいろは16 フォント
番外編 版ズレって?? 仕事人として,父として…もっと伝えます!! その3

過去の記事を読むなら…下からご覧いただくのがオススメです。

印刷のご相談は,永和印刷へ!!

http://www.eiwa-p.com
  ↑お問い合わせはこちらのホームページからお願いいたします。

[PR]
by eiwa-p | 2018-06-11 17:47 | 営業部・発 | Comments(0)
line

永和印刷のブログ_もっと伝えたい!


by 永和印刷
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31