永和印刷のブログ e-blog

eiwap.exblog.jp ブログトップ

フォント 印刷のいろは16

フォント

Porg vol.30 印刷のいろは16より一部修正&加筆


Q フォントで使えるもの、使えないものの違いは何でしょうか?

A 基本的には有料、無料にかかわらず、CIDもしくはTrueTypeフォントであれば使用環境の中に
フォントをダウンロードすることで印刷用のデータとして使用することは可能です。
ただし、フリーフォントのなかにはアルファベットや数字だけのものであったり、
ひらがな・カタカナ、一部の常用漢字しか対応していないものもあるので、
使用目的にあわせてフォントを選択する必要があります。

アルファベットであればA~Zまで26文字を用意すればすむのですが、日本語の場合、ひらがな・カタカナと
漢字の文字種が多い上に、名前や専門用語で使用する異体字などを考慮すると、相当な種類の文字が必要になります。

例えば、フリーフォントで映画ロゴ風のものがあります。
モンスターズインキ風で永和印刷を表現する……

d0137902_20385282.jpg
こんな感じになります。アルファベットのみなので、あしからず。

ちなみにこちらは「超厳選! ハリウッド映画タイトル風フリーフォントからダウンロードしました。
 興味のある方は →https://bita.jp/blog/movie_fonts 
では、日本語はというと、「おそ松さん」風のフォントで表現すると……

d0137902_20543295.jpg
ひらがな・カタカナと、松と松のマークのみですが、こんな感じです。

こちらは、6つ子フォントというのを使用してみました。

 興味のある方は →http://fontfree.me/1344しかし、いいフォントだと思っても、文字がひらがな・カタカナだけではなかなか使えません。
では、どの程度の漢字があれば、目的にあったものかどうかを判断できるのか?
その目安としては、JIS2004での常用漢字の4水準が目安となります。
フォントの説明で「第●水準対応」と記載されているかで判断しましょう。

Q 常用漢字第1水準、第2水準対応ってどういうことでしょうか?
A 日本の文字コード規格であるJIS(日本工業規格)の定義では,漢字を第1(2,965字)、第2(3,390字)、
第3(1,259字)、第4(2,436字)の4水準に分類しています。
いわゆる常用漢字は第1水準に含まれているので、第2水準まで対応となっていればほぼ問題なく使用できる
でしょうが、人名や専門用語などで異体字を使用する場合は注意が必要です。

第1水準と第2水準を合わせると6,355字ですから、日常的に使用する漢字は含まれているのですが、
いわゆる「はしご高」や「たち崎」といった比較的ポピュラーな異体字でも、第2水準にも選ばれていません。
「本来同じ漢字とみなせるもの(異体字)はできるだけ重複収録しない」というJIS漢字の方針で、
「竜」と「龍」などの一部の例外を除いてはそのような傾向にあります。

ですから、人名や文献名、専門用語などで異体字を多く使用する必要性がある場合には、
第3、第4水準にまで対応するフォントを使用する必要があります。

以前、Prog vol.20 →http://www.eiwa-p.com/04progimage/Prog2014-20L.pdfで紹介しましたが、
2004年のJISコードの改訂(いわゆるJIS2004)によって「扁」「葛」「倦」などの一部の漢字の字形が変更されました。
それにより、フォントメーカーではいわゆる「N付フォント」(JIS2004対応)を用意しているのですが、
対応できていないフォントもあるため、同一の書籍内でもフォントによっては字形が異なる、
という現象が生まれてしまうことがあります。
どこまでこだわるか…ですね。

Q タイトルロゴや見出しで使いたいフォントがあるのですが……
A あらかじめ使用する文字が決まっていれば、その文字が対応できるかお聞きください。
今回のProgでは、フリーフォントのサンプルとして今回の「担当者はこんな人」のコーナーで使用してみました。
「機械彫刻用標準書体」「源暎アンチック」「JKゴシックL」「NASUフォント」「瀬戸フォント」です。

特長をまとめるとこのようになっていますが、詳細についてはリンクを貼っておきますので、
ぜひそちらをご覧ください。

d0137902_22192930.jpg

「機械彫刻用標準書体」 →http://font.kim/
「源暎アンチック」   →http://okoneya.jp/font/genei-antique.html
「JKゴシックL」     →http://font.cutegirl.jp/jk-font-light.html
「NASUフォント」    →http://itouhiro.hatenablog.com/entry/20140917/font
「瀬戸フォント」    →https://ja.osdn.net/projects/setofont/releases/


各フォントの紹介で「機械彫刻用標準書体」について、道路標識で馴染み…としましたが、
現在の道路標識で使われているのは、和文は「スーラ」、欧文は「ヘルベチカ」です。
高速道路の場合には、以前はより視認性を重視するため「公団ゴシック」というものが使われていましたが、
2010年からは「ヒラギノ角ゴシックW5」に変更されたそうです。

以前の「公団ゴシック」に近いものとして、「GD高速道路ゴシックJA」というフリーフォントがあります。
ただし、第1水準すべてがあるわけではなく、永和印刷と入力したら,
「刷」は出ませんでした(´;ω;`)ウゥゥ
実は「機械彫刻用標準書体」のコメントの中にも代替フォントになっているものが
あったことにお気づきでしょうか。
つまり、そういうことなんです。
d0137902_19252771.jpg


「GD高速道路ゴシックJA」 →http://www.hogera.com/pcb/font/
永和印刷で使用できるフォントについては、
下記からダウンロードできます。

書体見本帳 → http://www.eiwa-p.com/fontsample.pdf


関連記事 こちらもぜひご覧ください。

Prog関連記事はこちら
クリスマスや来年のことを考える時期になりましたね,カレンダー配布中
Dr. Hagiコーナー
Dr.Hagiクリニック3 モアレとその対処法
Dr.Hagiクリニック2 Macの拡張子について  新キャラ 刷リカラス登場
Dr.Hagiクリニック1 web用データと印刷用データについて
印刷のいろは
印刷のいろは1 インキ
印刷のいろは2 紙の寸法と流れ目
印刷のいろは3 CTP
印刷のいろは4 DDCP(デジタルプルーフ)
印刷のいろは5 印刷の基本  ←オフセット印刷の仕組みはこちらから
印刷のいろは6 面付
印刷のいろは7 製本
印刷のいろは8 トンボ
印刷のいろは9 表面加工の種類と特徴
印刷のいろは10 記号・異体字
印刷のいろは11 色校正
印刷のいろは12 画像解像度その1
印刷のいろは13 画像解像度その2 Dr.Hagi登場
印刷のいろは14 画像データのファイル形式
印刷のいろは15 カラーチップ、カラーガイド
印刷のいろは16 フォント
番外編 版ズレって?? 仕事人として,父として…もっと伝えます!! その3

過去の記事を読むなら…下からご覧いただくのがオススメです。

印刷のご相談は,永和印刷へ!!

http://www.eiwa-p.com
  ↑お問い合わせはこちらのホームページからお願いいたします。

[PR]
by eiwa-p | 2016-11-09 22:21 | 営業部・発 | Comments(0)
line

永和印刷のブログ_もっと伝えたい!


by 永和印刷
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31