永和印刷のブログ e-blog

eiwap.exblog.jp ブログトップ

ちゃれんじ3 用紙の計算をやってみよう

更新が遅れてしまい、父の日の話がいまごろになってしまいました。d0137902_21540368.jpg
母の日に比べて、存在感がスミの20%程度(母の日=スミベタ)に感じる父の日、みなさまはご家族にいたわってもらえたでしょうか?
わが家では期限が書いていないのに失効してしまうマッサージ券が定番でしたが、今年はプレゼントをいただきました(右写真)。
ビール068.gif大好きな父のために、いつまでも冷たさがキープできるジョッキです。感謝ですが、飲み過ぎないように注意しないと……
社長に「アルコール消毒」はほどほどに!! と助言をいただいているのですが、
仕事量とアルコール量が比例する今日この頃、
永和印刷の今年度のテーマの「ちゃれんじ」に率先してちゃれんじするつもりですが、禁酒「ちゃれんじ」だけは絶対ムリですね!!

その日はとある集まりで、子どもたちに寿司職人を「ちゃれんじ」してもらいました。
d0137902_21532488.jpg
以前、永和印刷のイベントでも利用した「ざうお」で、
大人たちは大いに飲み、子どもたちも釣りや寿司職人を満喫していました。
子どもたち、にぎったお寿司はお父さんではなく、自分たちでおいしく食べていました。

釣りのほうは…
店員さん曰く、魚がちっともエサに食いつかない状況とのことで、ヒッカケ釣り指令がでたのですが、
こらえ性のない次女はぐずってしまい、母親にゲンコツで2回殴られたそうです(写真右端)。
他の子もせっかく釣れても、制限いっぱいだったので断念したり、「ちゃれんじ」の道は険しいですね。
ちなみに「こどもちゃれんじ」、ウチの子どもら、ちっとも進んでいません。

関連記事
この字、どっちがいいですか? Prog20 絶賛配布中!! チャレンジタッチ

さて、今回は「ちゃれんじ3」、
前回の続きで用紙枚数を計算してみようと思います。

前回の記事 ちゃれんじ2 用紙の計算方法ってどういう仕組み?

前回は用紙の金額の計算方法の仕組みをご紹介しましたが、
今回は印刷に必要な用紙枚数を計算してみましょう。

用紙枚数を計算するためには、次の条件を満たしてください。

仕上がりサイズ・ページ数・部数の決定
②用紙の種類の決定
③予備枚数の算出

①②が決定した場合、用紙1枚あたりに何面とれるか
という面付を計算します。

端物の計算例
A4ペラ(2ページ)のチラシを1,000部制作する場合、
A全(=A1ノビをイメージしてください)の用紙に8面とれます。
下の図のように、A1はA4が8枚分ということです。
d0137902_16244287.jpg

1枚で8枚分なので、1,000部に必要な枚数を計算するには、

制作数量÷全紙から取れる枚数=必要枚数
→1000(部)÷8(面)=125(枚)

125枚が必要な実数となります。
ただし、オフセット印刷では、色あわせなどのための予備枚数が必要なので、
③を加算する必要があり、合計数が必要枚数となります。

参考記事
印刷のいろは2 紙の寸法と流れ目

ページ物の計算例
ページ物の場合、端物よりも、もう少し複雑になります。
たとえば、A5 128ページ 1,000部の場合、
A全でA5が入る面付け数は、A4の倍なので、16面となります。
ページ物ということは、両面印刷が原則なので、表裏で32面、
つまりA全判の用紙1枚で32頁分をとることができます。
総ページ数が128であれば、128(総ページ)÷32(表裏面付)=4 ですから、
A全判の用紙4枚で1冊分となります。
1,000部であれば、4×1000(部)=4,000枚が、必要な実数となります。
もちろん端物同様、オフセット印刷に必要な予備枚数を加算する必要があります。
計算式にすると、

部数×ページ数÷全判から取れるページ数=必要な用紙枚数(実数)

となります。

とはいえ、いろいろな用紙サイズ、仕上がりサイズで、面付数と言われても、
慣れないとなかなか難しいと思います(横でW井もうなずいています)。

そこで、こんなものを用意しました。

d0137902_22363121.jpg  
 テッテレーン♪
  印刷用紙枚数計算エクセルシート

大山のぶ代、水田わさび、どちらを思い浮かべていただいても結構です。

永和印刷のホームページ(←クリック)からダウンロードして、
解凍してもらえればすぐご利用できます。
d0137902_14264197.jpg

(解凍ソフトはちゃれんじ1でご紹介した「Cube ice」がオススメ)
ちゃれんじ1 永和印刷オススメのフリーソフト集 その1

使い方は簡単です。

①解凍したExcelファイルを開きます。
 「用紙寸法」「面付数」「紙 必要枚数」「面付数(規格外サイズ)」の4つのシートから構成されています。
d0137902_22440929.jpg

②「用紙寸法」シートで、全判の用紙サイズ(黄色部分)と、規格サイズ(橙色部分)のNo.を確認してください。
  ※AB判や四六判、新書判の場合は代用する規格サイズを確認します

③「面付数」シートに、確認した用紙サイズ(黄色部分)と、規格サイズ(橙色部分)のNo.を入力します。
 →一番右の赤色部分に表裏面付数(ページ数)が計算されます。

「紙 必要枚数」シートに先ほどの確認した用紙サイズ(黄色部分)と、規格サイズ(橙色部分)のNo.、
  そして③の両面付数(赤色部分)と、1冊の総ページ数、印刷部数を入力します。
d0137902_22441572.jpg
  →ページ・部数ごとの印刷用紙枚数(実数)が算出されます。
   これに、予備枚数を入力すれば、印刷に必要な用紙枚数が算出されます。
   ※必要予備枚数は部数・色数などによって異なるので、印刷会社・用紙店に確認をしてください

「面付数(規格外サイズ)」でサイズを入力しても、面付数は算出することは可能です。
  ただし、この数式は永和印刷の印刷・製本基準によるもので、
  基本的に16・8・4・2頁での組み合わせとなっております。
  印刷会社によっては、異なる場合がございますので、必ず面付数や実数の検算・確認をお願いいたします。


用紙枚数、用紙金額について、わからないことがございましたら、弊社営業員にお気軽にお聞きください。
T橋もH山もW井も、しっかりと計算して、お答えさせていただきます。

社内でもさまざまな「ちゃれんじ」を実施中です!!


関連記事 こちらもぜひご覧ください。
永和ちゃれんじ
Dr. Hagiコーナー
Dr.Hagiクリニック3 モアレとその対処法
Dr.Hagiクリニック2 Macの拡張子について  新キャラ 刷リカラス登場
Dr.Hagiクリニック1 web用データと印刷用データについて
印刷のいろは
印刷のいろは1 インキ
印刷のいろは2 紙の寸法と流れ目
印刷のいろは3 CTP
印刷のいろは4 DDCP(デジタルプルーフ)
印刷のいろは5 印刷の基本  ←オフセット印刷の仕組みはこちらから
印刷のいろは6 面付
印刷のいろは7 製本
印刷のいろは8 トンボ
印刷のいろは9 表面加工の種類と特徴
印刷のいろは10 記号・異体字
印刷のいろは11 色校正
印刷のいろは12 画像解像度その1
印刷のいろは13 画像解像度その2 Dr.Hagi登場
印刷のいろは14 画像データのファイル形式
印刷のいろは15 カラーチップ、カラーガイド
番外編 版ズレって?? 仕事人として,父として…もっと伝えます!! その3

過去の記事を読むなら…下からご覧いただくのがオススメです。

印刷のご相談は,永和印刷へ!!

http://www.eiwa-p.com
  ↑お問い合わせはこちらのホームページからお願いいたします。

[PR]
by eiwa-p | 2015-06-29 23:01 | 営業部・発 | Comments(0)
line

永和印刷のブログ_もっと伝えたい!


by 永和印刷
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30