人気ブログランキング | 話題のタグを見る

永和印刷のブログ e-blog

eiwap.exblog.jp ブログトップ

QC会議と清須会議  会議の意味って!? ネタバレ注意!?

2016年の大河ドラマが、三谷幸喜脚本、堺雅人主演で「真田丸」と発表されました。
堺雅人といえば、現在では半沢直樹のイメージがすっかり定着していますが、
三谷幸喜脚本、香取慎吾主演の「新撰組!」(2004年)での山南敬助・役、
宮崎あおい主演の「篤姫」(2008年)で、篤姫の夫、13代将軍・徳川家定・役で一躍有名になった
大河ドラマとはとっても縁が深い俳優です。
真田丸」では、真田家が戦国時代から天下統一、関ヶ原の戦い、そして大阪の陣という激動のなかで
武田、豊臣、徳川と主君・政権が移り変わる過程で兄弟の袂を分かって生き残っていく様子を
戦国の世の悲しさ・厳しさも描きつつ、三谷幸喜らしく笑いもあふれる作品になるのだとうと、
いまから勝手に期待しています。
それにしても「新撰組!」からもう10年も経ったんですね……そういえば長女が生まれたころでした。早いなぁ。
毎週ビデオに録画して(やっぱ10年前だ…)、2回以上繰り返し観るほど楽しみにしていました。
待ち遠しい・・・というか来年(2015年)の大河は「花燃ゆ」ですから、まだまだ先のことですね。

それくらい三谷作品が大好きなのですが、先週になって
三谷幸喜 脚本・監督作「清須会議」をようやく観ました。
原作本も購入して読んで楽しみにしていたのですが(そのわりに映画館では観ていない不届者です)、
12人の優しい日本人」をイメージして期待しすぎたせいか、個人的には過去の作品と比較してしまうとちょっぴり点数は低めです。
観る側は最初から結果(秀吉の勝利)がわかっているなかで、役所広司演じる柴田勝家が優勢な流れから、
織田信雄・信孝兄弟、丹羽長秀・池田恒興・前田利家・滝川一益というキーマンをからませつつ
今後の織田家の後継者と後見人を決める会議の行方を二転三転させるのが見せ所なのですが、
どうしても勝家は優勢に感じられない。
もちろんそのように演出しているのですが、そんな勝家が笑えるというよりもかわいそうなんですよね。
最終的には、天下は譲っても、勝家にとってもっと大事なものはゲットできたわけですが・・・

かといって、つまらないわけではありません。背景を理解するほどおもしろいはずです。
まだ観ていない方はぜひご覧ください。

(その他にも必要に応じて、部署や担当者ごとに会議を行いますが、比較的会議自体は少ないと思います)
QC会議とは、品質向上会議のことで、期間内(直近2~3ヵ月)に発生した事故の検証と、品質向上のための仕事のやり方を、全社員参加で話し合っていきます。
当然、事故に関連する部署の人の発言が中心になりますが、なるべく全員に発言してもらうように心がけています。
そのため業界の大先輩のF氏の提案による「まずは否定しないで聞いてあげる」「糾弾する場ではない」という前提があるのですが、経営者的視点からみればあまっちょろくうつるかもしれないのも事実です。
ただ、そういう場で自分自身の仕事について自分の口から他の人に伝えることや、他の人の率直な意見を聞くことも必要なことで、
他の部署の仕事と自分自身の仕事の関連性と、仕事への責任を実感してもらうことも期待しているので、社長には営業の一人としての発言はしてもらいますが、そうでない部分については基本的には聞いていてもらうことにしています。
編集から組版、印刷、納品まで一括しておまかせいただくことを売りにしている永和印刷では、一部署、一人ひとりの品質管理のあまさが制作物の品質に影響します。

お客様にご満足いただける高品質の印刷物を制作しご提供することが私たちの使命です。
もっと品質を向上させるために、これからも続けていきます。


関連記事

求人情報
066.gif やる気とガッツあふれる営業募集中!!
キュリア転職 永和印刷のページ  (←クリック)

印刷のご相談は,永和印刷へ!!

http://www.eiwa-p.com
  ↑お問い合わせはこちらのホームページからお願いいたします。

マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ
by eiwa-p | 2014-07-22 10:00 | 営業部・発
line

永和印刷のブログ_もっと伝えたい!


by 永和印刷
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30