永和印刷のブログ e-blog

eiwap.exblog.jp ブログトップ

色校正 印刷のいろは11

色校正
Porg vol.16 印刷のいろは11より一部修正&加筆

Q 印刷物の色校正について知りたいのですが、
種類がいろいろあって違いがよくわかりません。
A 色校正といっても、レーザープリンターの出力から、実際の用紙・印刷機を用いた本機校正まで幅広くあります。
大まかに分けると DDCP(ダイレクトデジタルカラープルーフ)と呼ばれるデジタル出力機で出力したものと、
平台校正機やオフセット印刷機で刷る本紙校正があります。
本紙校正は実際の用紙を使えることと再現性が高いというメリットがありますが、
校正用でもCTP出力と印刷という工程が必要となるため、DDCPと比較すると時間とコストがかかります。
ただし、複数枚必要な場合にはDDCPを複数枚出力するのと差が少なくなりますので、ご相談ください。
参考記事 印刷のいろは3 CTP

Q DDCP にはどのようなものがありますか?
A 現在、安価で一般的なものは、インクジェットベースのプルーフですが、
高度な再現性を求めるのであれば、やや高価ですが印刷の網点を再現するハイエンドプルーフ(例:デジコン)をお勧めします。
※デジコンは正式にはコニカミノルタの装置名です。

参考記事 印刷のいろは4 DDCP(デジタルプルーフ)

ただし、デジコンは特色の対応が、困難です。
特色を使用するものや、用紙が特殊な場合には本紙校正が最適ですが、コストがかかります。

参考までにDDCPや色校正の種類と特徴を以下にまとめます。
あくまでも目安ですので、必要な枚数や納期によっても事情は異なることをご了承ください。
d0137902_20470567.jpg

関連記事 こちらもぜひご覧ください。
永和ちゃれんじ
Dr. Hagiコーナー
Dr.Hagiクリニック3 モアレとその対処法
Dr.Hagiクリニック2 Macの拡張子について  新キャラ 刷リカラス登場
Dr.Hagiクリニック1 web用データと印刷用データについて
印刷のいろは
印刷のいろは1 インキ
印刷のいろは2 紙の寸法と流れ目
印刷のいろは3 CTP
印刷のいろは4 DDCP(デジタルプルーフ)
印刷のいろは5 印刷の基本  ←オフセット印刷の仕組みはこちらから
印刷のいろは6 面付
印刷のいろは7 製本
印刷のいろは8 トンボ
印刷のいろは9 表面加工の種類と特徴
印刷のいろは10 記号・異体字
印刷のいろは11 色校正
印刷のいろは12 画像解像度その1
印刷のいろは13 画像解像度その2 Dr.Hagi登場
印刷のいろは14 画像データのファイル形式
印刷のいろは15 カラーチップ、カラーガイド
印刷のいろは16 フォント
番外編 版ズレって?? 仕事人として,父として…もっと伝えます!! その3

過去の記事を読むなら…下からご覧いただくのがオススメです。

印刷のご相談は,永和印刷へ!!

http://www.eiwa-p.com
  ↑お問い合わせはこちらのホームページからお願いいたします。

[PR]
by eiwa-p | 2014-07-20 10:00 | 営業部・発 | Comments(0)
line

永和印刷のブログ_もっと伝えたい!


by 永和印刷
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30