人気ブログランキング | 話題のタグを見る

永和印刷のブログ e-blog

eiwap.exblog.jp ブログトップ

印刷人的視点からの「サザエさん」考 ー波平、親切騒動

報道などでご存知の方も多いでしょうが,国民的アニメ「サザエさん」のお父さんである波平さんの声優を務めていた
永井一郎さんが1月27日に亡くなりました。

2月9日の放送が永井さん演じる波平 〔マニア的にいうと双子の兄の海平さんも含む〕の最後の雄姿でした。
三本立ての最後が「波平、親切騒動」と、波平さんらしさ満載でなんとも運命的なものを感じさせる笑いと涙なしではみられないストーリーでした。 しみじみ・・・

子供のころからのサザエさん好きだった私は,
少年時代のカツオくんの目線,
義理の父と愛妻を気遣うマスオさんの目線,
子供を怒るのではなく「叱って」育てる波平さんの目線
と,
時代とともに立場を変えながらも家族で「サザエさん」を楽しみ続け,
サザエさんをみると憂鬱になるサザエさん症候群ではなく,
サザエさんをみないと月曜日のやる気がでないサザエフリークです〔表現的にはどうなのか・・・〕。

波平の後任は茶風林さん 〔直前の「ちびまる子ちゃん」の永沢くんの声優を務めています〕 に決定しましたが,
慣れるまでのしばらく間はどうしても違和感を感じ,さみしい気持ちになってしまうことでしょう。
とはいっても,サザエさんでは,これまでにもカツオ・ワカメ・ノリスケ・タイコといった主要キャラの声優が交代しています。「ドラえもん」や「ルパン三世」にしても,しかりです。
後を継ぐ声優さんに頑張ってもらい,これからも国民に愛される「日本のお父さん」像である波平さんの姿をみたいものです。

と,こんなことを長々と書いていると
「会社のブログで何をやっているのか,バッカモーン!!」と,
波平さんではなく社長からお叱りを受けてしまうので,標題にあるように,
印刷人的視点からの「サザエさん」考をご紹介します。

「サザエさん」といえば,放送開始から45年のギネス記録を持つアニメですが,
黒電話や酒屋(三河屋)さんの御用聞きなど,時代背景として「昭和の生活」を強く感じる内容です。
商社マン(海山商事)であるマスオさんが携帯電話やタブレット端末をもっていたり,
東芝がスポンサーだからといって磯野家に最新家電がラインナップされていたとしたら,
もはやそれは「サザエさん」ではなくなってしまいます。
おっと,またまた脱線しそうですが・・・ ようやくここからが本題です。
実は昔ながらなのは作品の中だけではなく,
アニメの制作方法も昨年9月までは「セル画フィルム」を使用した方法を続けていました
〔デジタル化も交えながら〕。
ブラウン管テレビではそれほど気にならなかったのですが,
ハイビジョンや液晶テレビなどの高画質な大画面で「サザエさん」をみた際に,
サザエさんの髪などにチラチラとゴミなどが気になった方がいたとしたら,お目が高いです。
そのチラチラ,セルフィルムを撮影する際に付着したゴミやホコリなどが映りこんでいたものなんです。
印刷業界でも,活版印刷からオフセット印刷に移行後には製版フィルムが主流となり,
印刷会社にとってフィルムは財産でしたが,それも過去の話になりつつあります。
データを4色に分版して直接刷版にするCTPが主流になってからはフィルムの需要はなくなり続け,
フィルムから刷版を焼くPS版もなくなる日もそれほど遠くないことでしょう。
ちなみに,デジタルでゴミの付着することのないCTP 〔取り扱い方でキズがつくことはありますが・・・〕に比べ,
アナログなフィルムからの刷版では,印刷時のゴミのチェックにかかる負担がものすごく大きいのです。
印刷オペレーターは目をこらして,ゴミが付着していないかを印刷前に厳重にチェックしています。
印刷物にゴミがついてよいはずはなく,営業担当者が一部抜きのチェックでみつけると青くなってしまうのですが,
サザエさんの髪の毛のゴミにはなんだか昔ながらのなつかしい味的な魅力を感じたものです。
〔きっと制作者側にはそんな狙いはなかったでしょうが・・・〕

デジタル化に伴い,カツオくんの坊主頭を表現する点々もいつのまにか規則的なパターンとなっておりますが,
サザエさんには3DやCGの技術を取り入れてもらうより,これまで通りの平面的なタッチが似合うと思うのは私だけでしょうか? 
ドラえもんならいいけど,サザエさんにはトイ・ストーリーやモンスターズインクのキャラのような立体的な雰囲気はふさわしくないし,みたくないです。
紙への印刷にしても,DTPの進歩により表現方法の幅は広がっていますが,単純なデザインのほうがわかりやすかったりすることもあります。
新しいものを積極的に取り入れつつ,昔ながらいいもののも大切にしていきたいですね。

電子書籍もいいですけれど,新しい本を手にする喜びもホントにいいものです!!




たまには視点を変えた印刷についてのお話しで,少しでも楽しんでもらったり,豆知識になればと,
このような話も今後はご紹介できればと思います。



印刷のご相談は,永和印刷へ!!

http://www.eiwa-p.com
  ↑お問い合わせはこちらのホームページからお願いいたします。


マスコミ・広告・出版業 ブログランキングへ
by eiwa-p | 2014-02-18 21:03 | 営業部・発
line

永和印刷のブログ_もっと伝えたい!


by 永和印刷
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30